ベルン旧市街地の景観規制(ベルン市条例14条) (Conservation of Townscape of Bern Old City, City Ordinance #14)

ベルン旧市街地の景観規制(ベルン市条例14条) (Conservation of Townscape of Bern Old City, City Ordinance #14)1

ベルン旧市街地の景観規制(ベルン市条例14条) (Conservation of Townscape of Bern Old City, City Ordinance #14)2
ベルン旧市街地の景観規制(ベルン市条例14条) (Conservation of Townscape of Bern Old City, City Ordinance #14)3
ベルン旧市街地の景観規制(ベルン市条例14条) (Conservation of Townscape of Bern Old City, City Ordinance #14)4
ベルン旧市街地の景観規制(ベルン市条例14条) (Conservation of Townscape of Bern Old City, City Ordinance #14)5
ベルン旧市街地の景観規制(ベルン市条例14条) (Conservation of Townscape of Bern Old City, City Ordinance #14)6
ベルン旧市街地の景観規制(ベルン市条例14条) (Conservation of Townscape of Bern Old City, City Ordinance #14)7


キーワード:

アイデンティティ ,スイス ,景観保護 ,歴史保全 ,都市観光 ,鍼レベル 小

鍼レベル:

ストーリー:

 スイスの首都ベルン。人口は13万人(大都市圏では31万5千人)と少ないが、世界遺産に指定されている旧市街地への自動車の流入を厳しく制限し、またその歴史的街並みのDNAを継承することで、そのアイデンティティを維持している都市である。
 その旧市街地は南北、そして東をアーレ川に囲まれた丘陵地につくられた。中央駅はその西側に位置するが、この駅からアーレ川と接する東端まで1キロメートルもない。都市は地形に沿って東西に拡がり、主要な都市軸も3本の東西の道路から構成されることになった。西側を抑えれば防御的には非常に優れた立地でもあり、12世紀後半にツェーリンガー家が、この東端に城を建設するのが、都市ベルンの誕生であった。
 それ以来、しっかりとしたコンセプトに則って都市計画は進展してきた。旧市街地の建物は15世紀につくられたアーケード、16世紀につくられた噴水を有しており、ほとんどの建物は18世紀頃にはリノベーションされているが、12世紀の街並みの特徴は一貫して保全されており、この旧市街地は1983年に世界遺産の指定を受けた。
 旧市街の街並みを保全しているのはベルン市の条例14条である。これは、旧市街地に新しいものを建てる、建て替えるなどして街のシルエットには影響を与えてはいけないと決めている。その結果、新しい建物は旧市街にはない。唯一の例外は、中央駅の外装で、それ以外では厳しく規制されている。ただし、崩れ落ちそうな建物は、それを支えるために新たに建設することは可能である。特に庇が出ているアーケード部分は非常に厳しく、規制がなされている。60年代から70年代は保全に対する考えが比較的大らかになり、内側は改装できたが、現在は外装だけでなく内装も変えてはいけなくなっている。
 道路舗装ではあるが、アスファルト舗装は禁止されている。一部、時計塔のところがアスファルト舗装であるがそれも修復される計画がある。歴史的街並みを800年以上、保全させることに成功しているベルン。また、そこは現在でも人が住み、商業を営むなど人が生活する空間でもある。そのような博物館ではない生活空間であるからこそ、その歴史的街並みも輝く。そして、それを成し遂げているのは、このベルン市の景観コントロール条例である。

ロケーション:

都市の鍼治療としてのポイント:

 その旧市街地が世界遺産に指定されており、ヨーロッパでも最も美しい都市の一つであるベルン。旧市街地はオリーブ色の建物が並ぶ。ベルン市の都市計画課の職員と話をする機会があったので、ペンキの色規制とかがあるのか、と尋ねるとペンキの色ではなくて岩の色だとの説明。あまりにもしっかりとした色だったのでてっきりペンキかと思ったが、確認すると確かに岩であった。この岩は砂岩であり、ベルンの東側で産出され、このベルンの都市をつくったツェーリング公のベルトルト5世がその岩を持ってきたそうである。1800年代まではそこから取ってきたようだ。ベルトルト5世がベルンをつくったのは1191年。それ以来、この都市を形づくる素材を頑なに守り続けた意志が時間を越えた魅力を、この都市にもたらしている。
 旧市街地の街並み保全は、例えばユニヴァーサル・デザインなどの他の施策よりも優先されている。幾つかの対立する価値の中でも、街並み保全を最優先するという、そのルールを現在まで堅持しているという行為こそが、この世界遺産の現在にまで至る輝きをもたらしている。ある意味で、継続して施術されなくては効果が発現しない。地味ではあるが、都市の価値を最大限に発揮させる「都市の鍼治療」事例であると思う。

事業主体:

ベルン市

事業主体の分類:

自治体

デザイナー、プランナー:

不明(ベルン市役所)

開業年:

12世紀

類似事例:

032 迪化街、台北(台湾)
031 剝皮寮、台北(台湾)
008 テンプル・バー、ダブリン(アイルランド)
146 ブリッゲンの街並み保全全
・チャールストン歴史的街並み保全、サウスカロライナ州(アメリカ合衆国)
・ケドリンブルクの歴史的街並み保全、ケドリンブルク(ドイツ)
・ゴスラーの歴史的街並み保全、ゴスラー(ドイツ)
・ブリッゲンの歴史的街並み保全、ブリッゲン(ノルウェー)
・グエル公園、バルセロナ(スペイン)
・今井町の歴史的街並み保全、今井町(奈良県)
・小布施町の街並みづくり、小布施町(長野県)

このページのトップに戻る


ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。

国:スイス
州・県:ベルン州
市町村:ベルン市