あさひかわ北彩都ガーデン

あさひかわ北彩都ガーデン1

あさひかわ北彩都ガーデン2
あさひかわ北彩都ガーデン3
あさひかわ北彩都ガーデン4
あさひかわ北彩都ガーデン5
あさひかわ北彩都ガーデン6
あさひかわ北彩都ガーデン7


キーワード:

ランドスケープ ,公共空間 ,公園 ,日本 ,都市公園

ストーリー:

 あさひかわ北彩都ガーデンは、旭川駅周辺部の総面積862ヘクタールにも及ぶ大土地区画整理事業「北彩都あさひかわ」と連携してつくられた庭園である。全体の事業は1990年から2016年までの歳月をかけてすすめられてきたが、同ガーデンが完成したのは2015年である。
 旭川駅は都心部に立地しているが、市役所や繁華街に面する表玄関の裏側には忠別川の雄大な自然環境が残っていた。そこで駅の再整備とともに、ここに「まちなかのオアシス」としてのくつろぎの空間を創出し、北国旭川の植物を楽しめるようなガーデンを整備することにしたのである。
 その面積は20ヘクタール。その整備目標は次の四点から構成される。

1. 忠別川周辺の風景や環境を活かし、メリハリある整備や管理を行う
2. エリアごとの特徴を活かした整備を行いながら、全体を連携させる
3. 誰もが魅力を感じ、楽しめるガーデンを目指す
4. 市民が守り育てるガーデンを目指す

 この目標に応じて、3つのゾーンごとにその特徴を打ち出したランドスケーピングが行われた。それらは、広々とした芝生を主体とした自然味溢れる「旭川駅南エリア」、大池と人工的な構造物が幾何学的な空間をつくりだす「大池エリア」、そしてガーデニングを楽しむための社会コミュニティ的な機能をも有する「宮前公園西エリア」である。
 また、駅舎や広場といった人工物が忠別川に代表される自然と対峙するのではなく、一体的な空間となるように、その推移がグラデーションとなるように意識した空間デザインが為されている。忠別川に至る前に小川を渡ったりすることで、人々が段階的に自然を感じられるような工夫、さらには、忠別川に近づくにつれ植生も自生種が増えていくといった工夫が為されているなど、全般的に非常に考えられたランドスケープ・デザインが施されている。
 さらに、以前から存在している宮前公園の近くのエリアでは、ガーデニング的な整備が為されており、休憩所や市民の活動拠点としても利用できるガーデンセンター、駐車場なども併設されている。そして、このガーデンセンターでは、北彩都ガーデンサポーターというボランティアチームも活動することで、市民が積極的にこのガーデンの管理や庭造りに参画できる機会を提供している。 
 あさひかわ北彩都ガーデンがつくられたことで、旭川市は中央駅という都心部に隣接した自然と共生する憩いの空間という貴重な場を取得することになったのである。当ガーデンの設計において、高野ランドスケープ・プラニングは造園学会賞(設計作品部門)を受賞した。

ロケーション:

都市の鍼治療としてのポイント:

「北彩都あさひかわ」は、アメリカの都市開発のように雄大で、大胆なランドスケープ・デザインによる空間が創造されている。そこを散歩していると、ちょっと外国にいるような錯覚さえも覚えてしまう。それもその筈、そのグランド・デザインは1995年にハーバード・デザイン・スクールで講師をしていたアメリカ人のランドスケープ・アーキテクトであるウィリアム・ジョンソン氏によって描かれたからである。驚くのは、彼の創造力溢れるレンダリングが、ほぼその通りに実現されていることだ。そして、そのレンダリングで描いた駅と忠別川との間の緑地空間が見事に具体化されたのが、このあさひかわ北彩都ガーデンである。
 北海道であるからかもしれないが、日本の他の都市にはみられないスケール感、自然との調和は見事である。川という大自然を都市のど真ん中、しかも中心駅の隣接した場所に有しているという特殊性。それを見事に融和させ、しかも風土性をしっかりと演出させ、旭川という都市のアイデンティティを劇的に発露させている。 
 開発の仕方によっては台無しにしてしまったかもしれない、その地域のアイデンティティをしっかりと維持し、さらには市民にとって憩いの空間を創造することに成功した。そして、このあさひかわ北彩都ガーデンという自然があるからこそ、周辺部の開発地区の魅力が増す。日本人の都市空間デザインの質の高さを証明するような素場らしい事例であると考えられる。

【取材協力】旭川市役所

事業主体:

旭川市

事業主体の分類:

自治体

デザイナー、プランナー:

ウィリアム・ジョンソン(グランドデザイン)、高野ランドスケープ・プラニング

開業年:

2015年

類似事例:

105 エスプラナーデ公園(ヘルシンキ、フィンランド)
・ フィニックス・ゼー(ドルトムント市、ドイツ)
・ バリグイ公園(クリチバ市、ブラジル)
・ ブライアント・パーク(ニューヨーク市、ニューヨーク州、アメリカ合衆国)
・ エスパラナーデ・パーク(ヘルシンキ市、フィンランド)
・ アンドレ・シトロエン公園(パリ市、フランス)
・ グエル公園(バルセロナ市、スペイン)
・ ラベット・パーク(ライプツィヒ市、ドイツ)
・ ユルバ・ブエナ・ガーデンス・エスプラナーデ(サンフランシスコ市、カリフォルニア州、アメリカ合衆国)

このページのトップに戻る


ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。

国:日本
州・県:北海道
市町村:旭川市