2007年度研究報告

東京の都市の活性化と都市文化 「ファッションと文化の街」-東京の繁華街その系譜-

PDF movie_icon

第一部 都市化と文化
第二部 繁華街の系譜(誕生と発展プロセス)
第三部 ファッション&文化と繁華街
参考資料
第四部 街の活性化と文化戦略



研究体制:
立澤芳男 マーケット・プレイス・オフィス代表
稲垣信子 オフィス・イナガキ
仙洞田伸一、高津春樹 (財)ハイライフ研究所

(敬称略・肩書は当時のもの)

都市の価値をはかる

PDF movie_icon

第1章 研究概要
第2章 各エリアの調査報告
第3章 都市の価値とは何か
参考資料
資料編



研究体制:
大野 隆造 東京工業大学教授/工学博士
辰巳 渚 文筆家/マーケティングプランナー
川上 正倫 一級建築士事務所ワン・オー・ワンデザイン主宰/工学博士
添田 昌志 人間環境デザイン研究所チーフリサーチャー/工学博士
森下 慎一  建築系出版社記者
藤井 亮介 坂倉建築研究所
伊庭野 大輔 日建設計
池田 圭介 武蔵工業大学博士後期課程 
加藤 有美 有限会社 ピスタチオ社
高橋 祥志 一級建築士事務所ワン・オー・ワンデザイン
中村 仁 有限責任事業組合 人間環境デザイン研究所
宮崎 一郎 株式会社 環境計画研究所
仙洞田 伸一 (財)ハイライフ研究所主任研究員

(敬称略・肩書は当時のもの)

ユビキタス時代における暮らしのあり方に関する研究

PDF movie_icon

第1章 研究目的
第2章 ユビキタス社会とは
第3章 社会サービスのユビキタス化
第4章 ユビキタス社会実現のための主要技術の概要
第5章 ユビキタスの評価
第6章 ユビキタスメーカーのヒアリング
第7章 ユビキタス社会の影/身近で起きている被害
第8章 「ユビキタス社会の今後の展望
第9章 新たなライフスタイルの構築に向けて



研究体制:
長谷川文雄 JR東日本フロンティアサービス研究所所長
松村 茂 東北芸術工科大学教授
小山田裕彦 シンク・コミュニケーションズ 取締役
伊藤 学 東北大学電気通信研究所 研究員

研究協力:
伊藤 昌幸 NTTサイバーコミュニケーション総合研究所第一推進プロジェクトチーフディレクター
武藤 健 凸版印刷株式会社 ICビジネス本部RFIDソリューション部課長
渡邉 和久 松下電器産業株式会社 システム創造研究所情報デザイン研究室室長
吉井 博明 東京経済大学教授
松田 美佐 中央大学文学部准教授
佐藤恒平 東北芸術工科大学大学院生

財団法人ハイライフ研究所

(敬称略・肩書は当時のもの)

少子高齢化社会における地方社会の行方研究

PDF movie_icon

第1章 「地方社会のまちづくりの現状と展望」
第2章 地場産業と地域の活性化
第3章 環境産業による地域おこし
第4章 先端医療技術・産業による地域活性化
第5章 ウェルネス・ツーリズムの推進戦略
第6章 農山村における拠点施設をめぐって



研究体制:
中田 裕久 財団法人山梨総合研究所
仙洞田 伸一 財団法人ハイライフ研究所
小田 輝夫 財団法人ハイライフ研究所(客員)
竹内 良一 NPO法人 循環型社会推進センター
松永 秀和 株式会社インサイトリサーチ
北川 泰三 財団法人日本地域開発センター

(敬称略・肩書は当時のもの)

少子高齢化社会における地方社会の行方研究[講演・取材録]

PDF movie_icon

アベンヌ温泉水とその臨床効果
ヨーロッパの温泉成功ストーリー.
「地場産業×クリエイター」による商品開発― 静岡ランデヴープロジェクトの実践を通じて
ホスピタリティマネジメントに関する考察~事業者・顧客アンケート調査より~
キープ協会における環境・健康教育とスタッフ養成
群馬県における地域医療・福祉の現状と課題.
ウェルネスとストレスマネジメント
東京圏外周部における人口流動と地域づくりの課題―群馬からの観測
少子高齢化の地方社会における地域スポーツのあり方・可能性・プロモーションの方策
国民保養温泉地の健康サービスの動向
富士山麓ファルマバレープロジェクトとは



研究体制:
財団法人 ハイライフ研究所
「少子高齢化社会における地方の行方研究」研究会

研究協力:
桐谷 敏行 ピエール・ファーブル・ジャポン社 社長
山本 紀久雄 有限会社山本
倉林 啓士郎 株式会社イミオ代表取締役
板倉 勝敏 株式会社イミオ営業部マネージャー
奥 直子 日本政策投資銀行 地方開発部
伊藤 賢治 日本政策投資銀行 地方開発部
増田 直広 財団法人・キープ協会 事業課長
岡野 昭 医療法人社団千栄会昭和病院/社会福祉法人夢 特別養護老人ホームふるさと
ケアハウス夢の庵 理事長
北 博之 BTU ストレスマネジメント研究所(BSMI)副所長・主任研究員
熊倉 浩靖 NPOぐんま代表理事
佐伯 年詩雄 平成国際大学教授/筑波大学名誉教授
井上 昌知 社団法人 におい・かおり環境協会 顧問
西野 勝明 静岡県立大学経営情報学部教授

(敬称略・肩書は当時のもの)

ホスピタリティの研究 ~持続型社会の設計原理を明らかにするために~

PDF movie_icon

Ⅰ.はじめに
Ⅱ.2007 年度ホスピタリティ研究の理論的深化に向けて
Ⅲ.事例検証・・・様々な現場におけるホスピタリティ実践の調査と検証
Ⅳ.ホスピタリティを体現する持続型社会モデルの構築に向けた現時点における提言
Ⅴ.まとめ―到達点と残された課題
Ⅵ.参考資料
Ⅶ.2007 年度研究報告書参考文献表



研究体制:
高橋 順一 早稲田大学 教授
清家 竜介 早稲田大学 非常勤講師/日本経済復興協会特別研究員
足立 裕子 有限会社 文化技術デザイン
堀 美和子 有限会社 文化技術デザイン
財団法人 ハイライフ研究所

(敬称略・肩書は当時のもの)

ホスピタリティの研究 ~持続型社会の設計原理を明らかにするために~[講演・取材録]

PDF movie_icon

はじめに
第1回ホスピタリティ研究会 「人間とは何か」
講師:立教大学大学院 異文化コミュニケーション研究科教授 内山節先生

第2回 ホスピタリティ研究会「里山は可能か
講師:東北芸術工科大学院長・東北文化研究センター所長 赤坂憲雄先生

第3回 ホスピタリティ研究会「生物学的視点と人間および社会」
講師:早稲田大学 国際教養学部教授 池田清彦先生

研究会講師プロフィール

音楽療法士・那須弓子さんとのヒアリングから得られたこと



研究体制:
高橋 順一 早稲田大学 教授
清家 竜介 早稲田大学 非常勤講師/日本経済復興協会特別研究員
足立 裕子 有限会社 文化技術デザイン
堀 美和子 有限会社 文化技術デザイン
財団法人 ハイライフ研究所

(敬称略・肩書は当時のもの)

第15回ハイライフセミナー講演録「挑戦 地域から日本を変える~日本の環境首都へのみち~パートⅢ」

PDF movie_icon

開会の挨拶

セミナー主催者挨拶

環境首都コンテスト趣旨

映像版先進事例集第3集上映

講演「住民とともにすすめ・ひろげる地球温暖化防止」
高畠町エコタウン推進室 環境推進主査 村上奈美子氏

講演「地球温暖化防止 本当に必要な地域戦略 ドイツと日本の先進事例から」
特定非営利活動法人 環境市民 代表 杦本育生氏

参加者との質疑応答・ディスカッション



研究体制:
環境首都コンテスト全国ネットワーク
財団法人ハイライフ研究所

(敬称略・肩書は当時のもの)

環境首都へのみち 持続可能な地域社会に向けて 先進事例の調査研究及びその成果の映像記録の制作・普及―Ⅲ

PDF movie_icon

第1章 研究事業の概要

第2章 研究報告 北九州市「世界の環境都市をめざす多様な取組み」

第3章 研究報告 飯田市「人と風土を活かして持続可能な地域社会のトップランナーをめざす」

第4章 研究報告 高畠町「住民とともにすすめ・ひろげる地球温暖化防止」



研究体制:
研究・報告映像DVD制作

企画・著作
環境首都コンテスト全国ネットワーク
財団法人ハイライフ研究所

制作
NPO法人環境市民、(株)プロダクション・スコーポ

企画統括 杦本育生(NPO法人 環境市民)  
制作統括 町田寿二(プロダクション・スコーポ)

企画制作
杦本育生、下村委津子(NPO法人 環境市民)、町田寿二
ナレーション 下村委津子
撮影 田中義久    
VE/音声 宮本恭徳
編集 石原信二

(敬称略・肩書は当時のもの)


ご意見・ご感想がございましたら、
お問い合わせページまたはinfo@hilife.or.jpよりお知らせください。
ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30