研究報告『都市生活者意識調査2017』結果報告のお知らせ

 公益財団ハイライフ研究所は1993年に設立し、「都市を中心とした生活者へ向けての、よりよい生活の実現・構築へ向けた調査・研究」を事業理念とし、これからの時代が抱える問題を解決すべく「持続可能な都市生活者の実現に向けた知見の獲得と、社会との共有」を基本方針に据え、調査・研究事業を推進しています。
 その一環として、2020年より毎年、『都市生活者意識調査』を実施しております。基本方針に向けての調査・研究事業を行っていくうえでの基礎研究として、都市を中心とした生活者の生活意識やニーズ、価値観、ライフスタイルを把握する総合調査と位置づけており、生活者意識の経年変化を分析しております。今回は昨年度実施した『都市生活者意識調査2017』の報告書(データ編、分析編)を掲載いたします。
本報告書が少しでも皆様方のお役に立てることができれば幸いです。

<調査内容の編成>
都市生活者の意識と実態の把握は、次の領域で編成しました。
① 暮らし向き(生活満足度、幸福感、生活水準、生活実感、関心事、生きがい)
② 生活意識・態度、商品の購入(食生活、住まい、買い物、収入と支出、貯蓄)
③ 働き方(仕事に対する意識・実態、ワークライフバランス、労働時間、定年後)
④ 人づきあい(人づきあいの意識・態度、知人との付き合い、地域コミュニティ)
⑤ 情報(情報に対する意識・態度、情報機器の利用、メディアの利用頻度・内容)
⑥ 社会意識(社会満足度、近未来の社会)
⑦ 将来の生活(老後に関する意識、老後の見通し)
⑧ 健康(健康・美容・医療に対する意識・実態)

<調査概要>
① 調査対象:東京30㎞圏内に居住する満18~79歳の一般男女
② 標本数(有効回収数):1,350人
③ 標本抽出法:エリアサンプリング法
④ 調査方法:訪問留置法
⑤ 調査時期:2017年10月13日(金)~10月30日(月)

 

■都市生活者意識調査2017分析編

 

■都市生活者意識調査2017データ編


ご意見・ご感想がございましたら、
お問い合わせページまたはinfo@hilife.or.jpよりお知らせください。
ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。

目次

 

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30