2017年度研究報告

都市生活者意識調査2017分析編

PDF

公益財団法人ハイライフ研究所の研究展開と本調査の位置づけ
公益財団法人ハイライフ研究所では創設以来、「都市生活者のよりよい生活の実現」を事業理念とし、「都市」「人」「消費」に関する調査・研究を行ってきている。
直近の2012年度から2015年度にかけては、①「高齢化と加齢化で進む都市居住の新陳代謝」と称し、東京50km圏の遠郊外の縮退状況に関する研究、②「東京10km~20km圏、その魅力。生き続けられるまちとは?」と称し、都市の魅力を構成する要素を解明する研究、という都市に関する研究を行ってきた。現在、日本は超高齢化、単身世帯増加、生涯未婚率の上昇、人口減少、過疎化が騒がれてはいるものの、年金問題や介護問題、地域の財政破綻など、人口推移や財源負担面の量的把握のみが先行し、高齢者の生活実態や生活志向の解明については、まだまだ充分な研究がなされていない実態と、一般的に“高齢者”という一括りの捉え方をしてしまう傾向も多々見受けられ、質的な把握からは程遠い現状であることを目の当りにした。
そこで財団では、一度、都市研究から離れて原点に立ち返り、大前提としての超高齢社会の実態を深く追究し、将来に向けての超高齢社会の変化の予測に取り組むことにした。
調査・研究の体系は、①「超高齢社会における幸せの追究」と②「豊かな生活を営むための経済循環 消費の活性化と小売業の在り方」に主眼をおき、2つの研究と2つの調査を行っている。


目次
第1章 本研究の目的
第2章 都市生活者の暮らしの現状
第3章 都市生活者の働き方
第4章 都市生活者の人とのかかわり
第5章 都市生活者の情報行動と社会意識
第6章 都市生活者の老後に対する意識
第7章 まとめ

調査研究体制
櫻井 隆治 公益財団法人ハイライフ研究所
      代表理事 副理事長
藤原 豊  公益財団法人ハイライフ研究所
      執行理事 専務理事
杉本 浩二 公益財団法人ハイライフ研究所
      上席研究員
福與 宜治 公益財団法人ハイライフ研究所
      研究員
谷口 明美 公益財団法人ハイライフ研究所
      主任研究員
水嶋 敦  自由学園最高学部教授
丹野 俊明 株式会社行動科学研究所特別顧問

都市生活者意識調査2017データ編

PDF


目次
◆調査要領
◆第一部:性・年代別にみた都市生活者
◆第二部:ライフステージ別にみた都市生活者
◆第三部:世帯年収別にみた都市生活者
(付)アンケート票

調査研究体制
櫻井 隆治 公益財団法人ハイライフ研究所
      代表理事 副理事長
藤原 豊  公益財団法人ハイライフ研究所
      執行理事 専務理事
杉本 浩二 公益財団法人ハイライフ研究所
      上席研究員
福與 宜治 公益財団法人ハイライフ研究所
      研究員
谷口 明美 公益財団法人ハイライフ研究所
      主任研究員
水嶋 敦  自由学園最高学部教授
丹野 俊明 株式会社行動科学研究所特別顧問

ご意見・ご感想がございましたら、
お問い合わせページまたはinfo@hilife.or.jpよりお知らせください。
ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30