ロブソン・スクエア

ロブソン・スクエア1

ロブソン・スクエア2
ロブソン・スクエア3
ロブソン・スクエア4
ロブソン・スクエア5
ロブソン・スクエア6
ロブソン・スクエア7


キーワード:

アーサー・エリクソン ,カナダ ,人物(Person) ,広場 ,都市デザイン ,鍼レベル 大

ストーリー:

カナダ第三の都市ヴァンクーバーのダウンタウンのまさに中核に位置するロブソン・スクエアは、総敷地面積が約3ブロックの裁判所兼パブリック・スペースである。「メトロポリタンの森」というコンセプトのもとで計画され、ヴァンクーバーという都市のシンボル的空間になっている。
 さて、しかし、ここが1970年代に再開発を検討された時はこの地区はまったく現在とは異なるような場所となる筈であった。ここに1975年に建てられることとなったブリティッシュ・コロンビア・センターの建物の高さは208メートルもあり、もし実現されたら当時ヴァンクーバー市で最も高い建物になる予定であった。しかし、1972年に政権交代がおき、工事が始まる直前にこの計画は白紙に戻った。新民主党のデーブ・バレットはこの建物が都市の中心部に影をつくるという人々の不安を取り除いたのである。そこで、カナダを代表する建築家アーサー・エリクソンに依頼して、これをリデザインすることにした。
 そこでエリクソンが打ち出したアイデアは、この建物を倒して横にしてしまい、人々がその建物の上を歩けるようにする、というものであった。そして、裁判所と美術館という都市社会の礎となる建物を両端に置き、地下空間には行政機関を設置することにした。空間デザイン的には「メトロポリタンの森」というコンセプトを打ち出した。
 このプロジェクトはまず地方政府の建物が1978年に完成し、翌年、裁判所がつくられ、古い州の裁判所の建物がヴァンクーバー芸術ギャラリーに修繕されたのは1983年であった。それらは3つのブロックにまたがり、12ヘクタールの床面積を供給した。南のブロックに設置された裁判所は高さが42メートルの環境共生型の建物であり、その30%が植物で覆われており、コンピューターによって散水などの緑の管理が為されている。エリクソンは、従来の閉鎖的な裁判所の設計の在り方に疑問を持ち、より開かれた空間づくりをするように工夫した。この斬新な裁判所が実現できるよう、設計の段階から保守的な裁判所を欲していた判事達が参加するように工夫をした。中央のブロックには地方政府のオフィスや、ブリティッシュ・コロンビア大学のサテライト・キャンパスが入っている。そして、流れ落ちる滝がランドスケーピングされていたり、アウトドアのスケート・リンクが設置されていたりする。そして、北のブロックにはヴァンクーバー芸術ギャラリーがつくられた。
 建設費用は1.39億ドル。ヴァンクーバーが冬季オリンピックを開催する2010年の前年に再開発事業が為された。そして、ここでは冬季には無料の公開のスケート・リンクが設置される。
 このプロジェクトは多くの賞を受賞しており、1979年にはアメリカ・ランドスケープ家協会が、1982年にはカナダ王室建築協会が金メダルを、さらに2011年にも同協会は、このプロジェクトが都市に緑をもたらしたこと、そして大胆でありつつ細部にも配慮が行き届いたアーバン・デザインが為されていることを評価して、賞を与えている。

ロケーション:

都市の鍼治療としてのポイント:

 ロブソン・スクエアはまさにヴァンクーバーの中心にあたる。東京でいえば東京駅、パリでいえばルーブル美術館、ロンドンでいえばトラファルガー広場、ニューヨークでいえばタイムズ・スクエアのような場所である。もちろん、このような大都市ではないので、その存在感はそれほど大きくはない。しかし、ヴァンクーバーらしい素晴らしい都心の象徴的な空間であると思う。
 ロブソン・スクエアはヴァンクーバーの目抜き通りであるロブソン通りを遮断する。そして、自動車はロブソン・スクエアを横切ることができなく、迂回することを余儀なくされる。また、駐車場空間もロブソン・スクエアの地下に収容している。また、高層の建物を横に倒すということでヒューマン・スケールの空間を実現している。その結果、ヴァンクーバーは都心部の空間を「人」が集う広場として機能することを可能にしているのである。ちょっとした工夫を施すことで、この都市空間が誰に所属するのかを見事に表現しているのである。
 加えて、環境共生的な試みをすることや、広場に滝を流すといったランドスケーピングをすることで、大都市のど真ん中に緑のオアシスを創り出すことにも成功している。晴れた日に階段で緩やかな時間を過ごしている市民を見ると、このような空間がある都市で生活できる豊かさを痛感する。
 ヴァンクーバーという都市の格を高めることに大きく寄与するような素晴らしい「都市の鍼治療」の事例であると考えられる。

事業主体:

ヴァンクーバー市

事業主体の分類:

自治体

デザイナー、プランナー:

Arthur Erickson (architect), Cornelia Oberlander (landscape)

開業年:

1983年

類似事例:

・ ロックフェラー・センター、ニューヨーク市(ニューヨーク州、アメリカ合衆国)
139 パイオニア・コートハウス・スクエア、ポートランド市(オレゴン州、アメリカ合衆国)
045 ユルバ・ブエナ・ガーデンス・エスプラナーデ、サンフランシスコ(カリフォルニア州、アメリカ合衆国)
・ ブライアント・パーク、ニューヨーク市(ニューヨーク州、アメリカ合衆国)
105 エスパラナーデ・パーク、ヘルシンキ市(フィンランド)
・ ポンピドー・センター、パリ(フランス)
・ トラファルガー広場、ロンドン(イギリス)
084 ランブラス、バルセロナ(スペイン)

このページのトップに戻る


ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。

国:カナダ
州・県:ブリティッシュ・コロンビア州
市町村:ヴァンクーバー市