立澤芳男の生活・社会総括レポート

第7回 サービス産業社会

サービス社会を主導する日本のニューサービス業

消費者市場を取り巻く環境は、少子化・高齢化、女性の社会進出、環境問題の深刻化と経済のグローバル化、サービスの多様化や情報化の急速な進展、規制改革、などにより大きく変化している。
こうした環境の変化を背景に消費者・生活者はサービスに関し多様な選択ができる時代となった。
一方で、企業不祥事、価格変動、金融リスクの増大、デフレ不況など様々な問題が発生している。
そこで、本レポートは、日本が工業社会からサービス社会に転換したといわれ始めた1980年代からすでに半世紀を経過している現在、サービス社会といわれる状況とその社会を主導するサービス業がどこまで進んでいるのか、またどのような課題を抱えているのか、そして今後どのように変化してゆくのかを見てみたい。

この平成の20年で成長し変貌する」サービス業の成長の背景とその実際を探る。



 立澤芳男のHigh-Life 生活・社会総括レポート21 第7号

ご意見・ご感想がございましたら、
お問い合わせページまたはinfo@hilife.or.jpよりお知らせください。
ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。