見えはじめた地方からのエネルギー革命
―バイオマス革命のカギを握る「ナノ化」技術の最先端―

まだまだ食べられそうな植物。
日本で1年間に廃棄される食品は約2000万トン。

これらの廃棄処分される食品のほか、家庭生ゴミ、家畜排せつ物、下水汚泥などの廃棄有機物、さらには森林や庭木の枝葉さえもエネルギー資源に変える、メタン発酵ガスと呼ばれる技術があります。

新たな「ナノ化」技術によって、より身近なエネルギーになるのではないかとして注目されるバイオマス発電の地方での活動に迫りました。

 

制作:公益財団法人ハイライフ研究所

撮影協力:
井戸康正
奥山憲司
川野 了
小森久司
中嶋由美子
野坂卓見
宮崎 司

株式会社エネコープ
コープさっぽろ
北海道ガス株式会社

総監修:田邉敏憲
撮影・編集:熊倉次郎
制作統括:萩原宏人(公益財団法人ハイライフ研究所)

見えはじめた地方からのエネルギー革命

(※Tips: 画面が小さいですか? 再生中に動画の右下隅部分をクリックすると、動画サイズを最大化することができます。)


ご意見・ご感想がございましたら、
お問い合わせページまたはinfo@hilife.or.jpよりお知らせください。
ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。

目次

 

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30