ブラジルの環境首都・クリチバ

第3回 ヒツジが芝を刈る市民公園

南米ブラジルの「環境首都」として知られるクリチバとはどんなところか?
小型のハイビジョンカメラで現地の取り組みを取材しました。

シリーズ第3回は題して「ヒツジが芝を刈る市民公園」。
クリチバ市の「緑地率」がテーマです。 

curitiba_part3.jpg

クリチバ市民1人当たりの緑地面積は北欧のオスロに次いで世界第2位。
1970年には1人当たり1平方メートルにすぎなかった緑地面積は、30年間のプロジェクトを経て、なんと1人当たり49平方メートルに広がりました。
急激な人口流入とスラム化への危機のもと、どのようにして緑豊かな環境都市を実現したのか。 その秘密に迫ります。



協力:
中村ひとし 元クリチバ市環境局長
服部圭郎 明治学院大学教授
セルジオ・ガランテ・トシオ クリチバ市公共公園部部長
ジャイメ・レルネル 元クリチバ市長


取材・撮影:
ハイライフ研究所クリチバ取材班
熊倉次郎
千種伸彰


制作・配信:財団法人ハイライフ研究所

ご意見・ご感想がございましたら、
お問い合わせページまたはinfo@hilife.or.jpよりお知らせください。
ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。