講演
オーセンティシティ文化の創造力―21世紀のアーバン・ランドスケープの変化

オーセンティシティ文化の創造力―21世紀のアーバン・ランドスケープの変化

シャロン・ズーキン(ニューヨーク市立大学教授・米国ブルックリン大学教授)

ニューヨーク・ウォッチャーとして世界的に知られる社会学者、ニューヨーク市立大学のシャロン・ズーキン教授を招き、2013年1月、一橋大学国際交流セミナー(主催 一橋大学大学院社会学研究科・社会学共同研究室「社会学セミナー」)が行われました。

ズーキン教授は、都市・文化・政治の境界領域を自由に横断しながら、現代都市と社会が直面するさまざまな課題に対し、鋭利な分析枠組み、柔軟な批判性、豊かな表現力によって迫り続けてきた、アメリカを代表する社会学研究者です。

ハイライフ研究所では、2012年度の連載企画「シャロン・ズーキン教授の解説によるニューヨーク最新都市事情」でマンハッタンの最新都市事情を配信しました。また、2013年1月には、近著「Naked City」が翻訳され「都市はなぜ魂を失ったか ―ジェイコブズ後のニューヨーク論」が講談社より出版されました。これらと一緒にご覧いただくと、より理解が深まることと思います。


(※Tips: 画面が小さいですか? 再生中に動画の右下隅部分をクリックすると、動画サイズを最大化することができます。)


■開催概要
日時:2013年1月8日(火)15:00-17:30
会場:一橋大学
主催:一橋大学大学院社会学研究科・社会学共同研究室「社会学セミナー」
共催:都市環境デザイン会議国際委員会 
一橋大学大学院社会学研究科・市民社会研究センター
「社会と基盤」研究会(科研費基盤研究(B)プロジェクト)
制作・配信:公益財団法人ハイライフ研究所


ご意見・ご感想がございましたら、
お問い合わせページまたはinfo@hilife.or.jpよりお知らせください。
ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30