次世代シニアと現在形シニア・その意識と行動

次世代シニアと現在形シニア・その意識と行動

第七回 気がかりなもの。それは「健康」。

◇◆調査対象・言葉の定義◆◇
次世代シニア(51歳から60歳)現在形シニア(66歳から75歳)

■男性では現在形シニア、女性では次世代シニアの方が、「健康状態は良い」と認識している人がやや多い。
■次世代シニアは「仕事や人間関係のストレス」が、現在形シニアは「健康寿命を意識する年齢」が、気がかり。
■現在形シニアの活発な健康行動。「歩く」男性、女性は「食」。
■健康状態が良くない人は複数の気がかりなことを抱えている。
■「生活するのに全く問題ない」と「健康状態が良い」、は違う。

連載第七回は次世代高齢者調査より「健康」に関する意識と行動についてご報告いたします。健康上で気がかりなことは何か、健康維持、改善に向けて日頃行っていることは何か、などについて現在形シニア(66歳~75歳)と次世代シニア(51歳~60歳)並びに男女を比較しながら現状を探っていきたいと思います。

執筆者:主任研究員 福與宜治

 

次世代シニアと現在形シニア・その意識と行動 第七回レポート全文は以下のPDFでお読みいただけます。

 第七回 気がかりなもの。それは「健康」。


ご意見・ご感想がございましたら、
お問い合わせページまたはinfo@hilife.or.jpよりお知らせください。
ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。

目次

 

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30