立澤芳男の生活・社会総括レポート

第2回 人口編 少子高齢社会と人口減少社会
ニッポンの人口構造の変化で社会が壊れはじめた


今日の日本の人口構造は、「多産少死から少産多死」へ、「自然人口増から自然人口減」へと向かっている。

この劇的な変化は、団塊世代が青年から中高年に加齢するプロセス、すなわち、平成元年から平成20年の20年間にかけ生まれた。

戦後昭和の時代より経済活動が明らかに停滞した平成20年間に日本の人口構造はどう変化したのか、平成時代の20年間の人口社会データの推移を見ながら、劇的に変化した日本の社会を見てみる。

本レポート第一回では、平成時代20年間の社会状況全般の変化を確認したが、今回の第二回は、日本の人口構造の変化から社会の変化を読み取る。

立澤芳男のHigh-Life 生活・社会総括レポート21 立澤芳男のHigh-Life 生活・社会総括レポート21 第2号


ご意見・ご感想がございましたら、
お問い合わせページまたはinfo@hilife.or.jpよりお知らせください。
ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30