財団法人ハイライフ研究所メールマガジン

ハイライフ研究所メールマガジン 第108号

2012年12月12日配信  発行責任 公益財団法人ハイライフ研究所 事務局


<今号の内容>

1.ニューヨーク最新都市事情|第4回 ホコ天ブロードウェイを歩く
2.第2回 田中正平記念フォーラム|「脳科学と音楽と教育」
3.[ハイライフ主催告知] 第23回ハイライフセミナーのおしらせ
4.[告知] 里山賛歌音楽祭(12/28・川越)


 

1.シャロン・ズーキン教授のニューヨーク最新都市事情

ニューヨーク・ウォッチャーとして世界的に知られる社会学者、シャロン・ズーキン(米国ブルックリン大学教授)。今回の連載シリーズではズーキン教授による解説をもとに、マンハッタンの最新都市事情をお伝えしています。

今回のテーマは「ホコ天ブロードウェイを歩く」。最近、路上にイスや植物を配置してくつろぎの空間を演出しているブロードウェイの変貌ぶりについて、実際にブロードウェイを歩きながら現地レポートします。

シャロン・ズーキン教授のニューヨーク最新都市事情

第4回 ホコ天ブロードウェイを歩く

・マンハッタンはアメリカの都市実験の場
・ユニオン・スクエアまで延びてきた歩行者専用スペース
・イスがあって座れることの大切さ
・巨大な観葉植物セットで空間を仕切る工夫
・路上駐車も空間づくりにうまく活用
・ヤン・ゲール氏が指摘する都市づくりの普遍的法則
・家族で楽しめる場所に生まれ変わったタイムズ・スクエア


取材・構成:服部圭郎 明治学院大学経済学部教授
撮影・編集:熊倉次郎 リベラルアーツ総合研究所
制作統括:萩原宏人 公益財団法人ハイライフ研究所
制作・配信:公益財団法人ハイライフ研究所

 

シャロン・ズーキン教授のニューヨーク最新都市事情
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=108

 


2.第2回 田中正平記念フォーラム|「脳科学と音楽と教育」

脳科学の研究で世界的に著名な小泉英明氏(日立製作所)と、世界的ミュージッククリエイターである冨田勲氏の両氏をお招きし、東京大学柏キャンパスで脳科学と音楽が出会います。(フォーラム案内より)

ホームページでは当日の模様を再編集した録画映像をお届けしています。
2012年12月12日(水)より、小泉英明氏(脳科学者、株式会社 日立製作所 役員待遇フェロー)のご講演を配信し、2012年12月27日(木)より、対談「冨田 勲氏(作曲家)×小泉英明氏(脳科学者)」の模様をお届けします。

東京大学大学院新領域創成科学研究科の主催で行なわれた、「脳科学と音楽」の対話。最先端の科学と音楽の話題を通じて、これからの知の新領域を感じていただけると思います。 どうぞご覧ください。

第2回 田中正平記念フォーラム|「脳科学と音楽と教育」

第2回田中正平記念フォーラム「脳科学と音楽と教育」
講演 :小泉英明氏(脳科学者、株式会社 日立製作所 役員待遇フェロー)
対談 :冨田 勲氏(作曲家)×小泉英明氏(脳科学者)
会場 :東京大学 柏図書館 メディアホール
日時 :2012年12月1日(土)
主催 :東京大学大学院新領域創成科学研究科


第2回 田中正平記念フォーラム|「脳科学と音楽と教育」
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?p=6883

 


3.第23回ハイライフセミナーのおしらせ

第23回 ハイライフセミナー

第23回 ハイライフセミナー
「シェア-シングル化が進める都市の新しいスタイル-」

◆開催趣旨
 成熟社会を迎えた首都圏では、人の住まい方の地殻変動が起きている。そして、その変動は、居住者自体が変化していることに起因している。年齢層を問わず、シングルが増えているのだ。若者もそうだが、ミドル層、そしてシニア層もシングルでいる割合が増えている。そのようなトレンドが、人の住まい方に大きな変化をもたらしているのである。本セミナーでは、そのような状況が影響をもたらしたことによって、現在進行形で展開している首都圏における新しい人々の住まい方を検討する。特に、最近、マスコミや不動産業界で脚光を浴びている「シェアハウス」に関して、掘り下げていきたいと考えている。そして、その背景となる社会経済変化を、マーケティング、そして有識者に分析してもらい、首都圏の住まい方にどのような変化が起きているのかを皆様に考える機会を提供したいと考える。

◆日程: 2013年1月25日(金)
◆時間: 15:00~18:00
◆会場: 東京国際フォーラム ホールD1(定員100名)
◆料金: 無料(要事前申込み・定員100名)(定員に達したため、募集を終了いたしました)
◆主催: 公益財団法人ハイライフ研究所

プログラム
<プレゼンテーション>
なぜ今シェアなのか-シェアをとりまく社会環境
三浦展 / カルチャースタディーズ研究所代表

シェアハウスで暮らす-シェアの可能性
久保田裕之 / 大阪大学大学院人間科学研究科助教

首都圏シェアハウス事情-事業者ヒアリングから
榎本元 / 読売広告社・都市生活研究所

テーマで見るシングル居住マップ / ハイライフ研究所

<パネルディスカッション>
シェア-シングル化が進める都市の新しいスタイル-
パネリスト 三浦展 / 久保田裕之/ 榎本元 
コーディネーター 服部圭郎 / 明治学院大学経済学部教授


詳しくは以下のURLをご覧ください。
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?p=6782

 


4.里山賛歌音楽祭(12/28・川越)

尚美学園大学と埼玉県立川越総合高等学校の学生が高大連繋し、里山をテーマとした音楽祭を開催します。

里山賛歌音楽祭(12/28・川越)

日時 : 平成24年12月28日(金) 13:30開場/14:00開演
場所 : 川越市市民会館ホール

入場料 : 全席自由 / 一般1000円 高校生以下無料
(但し、未就学児入場不可 / 小学生は必ず保護者同伴でご来場下さい)

プログラム :
ベートーヴェン 交響曲第6番ヘ長調「田園」 (指揮:河合尚市)
坂田晃一作曲 合唱曲「宮沢賢治の風景~雲の信号~」 (指揮:坂田晃一)
ベートーヴェン 交響曲第9番ニ短調「合唱付き」第4楽章 (指揮:河合尚市)

主催 : 尚美学園大学・埼玉県立川越総合高等学校
共催 : 農業高校支援機構・財団法人全国学校農場協会・NPO法人子ども大学かわごえ


チケットの申し込み方法等詳しくはチラシをご覧ください。
里山讃歌音楽祭チラシ表面.pdf
里山讃歌音楽祭チラシ裏面.pdf

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ハイライフ研究所のメールマガジンHigh-LifeDATAFILEに関するご意見・ご感想は、info@hilife.or.jpまでどうぞ!

 


編集/発行 公益財団法人ハイライフ研究所
〒104-0031東京都中央区京橋3丁目6番12号正栄ビル5階
FAX:03-3563-7987
E-mail:info@hilife.or.jp


ご意見・ご感想がございましたら、
お問い合わせページまたはinfo@hilife.or.jpよりお知らせください。
ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30