2万人の障害者が働く、スウェーデン企業
サムハルとは

2011年11月6日、田園調布学園大学講堂(神奈川県川崎市)において講演会「2万人の障害者が働く、スウェーデン企業 サムハルとは」が開催されました。
福祉社会スウェーデンを象徴する、障害者雇用企業 サムハルの理念、歴史、実態をご紹介するとともに、日本での障害者雇用の問題を探っていきます。

このホームページでは当日のセミナーの模様を配信しています。

2万人の障害者が働く、スウェーデン企業
サムハルとは

セミナー|2万人の障害者が働く、スウェーデン企業「サムハル」とは
会場 :田園調布学園大学講堂(神奈川県川崎市)
日時 :2011年11月6日
主催 :ノーマライゼーション推進協議会
撮影・配信協力 :公益財団法人ハイライフ研究所

開催にあたって



遠藤正巳 ノーマライゼーション推進協議会




第1部 講演「障害者のための障害者が働く企業 サムハル」



講師:
西野 弘 株式会社 プロシード 社長、サムハル社会福祉事業団 元日本代表

講演で使用されたスライドは以下のPDFでもご覧いただけます。

 障害者のための障害者が働く企業「サムハル」


第1部 講演|質疑応答



講師:
西野 弘 株式会社 プロシード 社長、サムハル社会福祉事業団 元日本代表




第2部 フォーラム「持続可能なスウェーデンの福祉と労働」



パネリスト:(画面 右から)
グフタフ・ストランデル 株式会社 舞浜倶楽部 総支配人
レーナ・リンダール 持続可能なスウェーデン協会 理事、日本代表
須永 昌博 社団法人 スウェーデン社会研究所 所長
西野 弘 株式会社 プロシード 社長、サムハル社会福祉事業団 元日本代表


第2部 フォーラム| 質疑応答



パネリスト:
グフタフ・ストランデル 株式会社 舞浜倶楽部 総支配人
レーナ・リンダール 持続可能なスウェーデン協会 理事、日本代表
須永 昌博 社団法人 スウェーデン社会研究所 所長
西野 弘 株式会社 プロシード 社長、サムハル社会福祉事業団 元日本代表



ご意見・ご感想がございましたら、
お問い合わせページまたはinfo@hilife.or.jpよりお知らせください。
ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。

目次

 

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30