すごいぞ!おとな! ―持続可能なまちづくりと地域プロデューサーの役割―

最終回 持続可能なまちづくりを語る

第6回 自給自足をめざす里山

どうすれば持続可能なまちづくり実現できるのか。先進事例を通じて、ともに考えるシリーズです。

日本各地ですでに始まっている持続可能なまちづくりへ向けての取組みを、全7回にわけてご紹介します。

今回は、最終回です。「持続可能なまちづくりを語る」と題し、HOSP!(持続可能なコミュニティを本気で作る大人たちの会)のメンバーによる座談会をお送りします。前半でご紹介したゆいま~る那須のみなさんは、3.11の震災でゆいま~る神戸に避難しました。全然会ったこともない人たちとのコミュニティがすぐにできました。双方に住む人たちが、「企画から参加する」などのプロセスを経験していたからこそ、それができたのです。ここに、持続可能なまちづくりの「コツ」があります。

せっかく集まったので、収録後に雑談をしましたが、このときも興味深い話が出ましたので、延長戦「深い雑談」としてあわせてお送りします。

ご視聴いただき、ありがとうございました。

延長戦

制作
HOSP!(本気の大人はすごいんだぞプロジェクト)

協力
公益財団法人ハイライフ研究所
社団法人コミュニティネットワーク協会
横浜市民放送局

配信
公益財団法人ハイライフ研究所



ご意見・ご感想がございましたら、
お問い合わせページまたはinfo@hilife.or.jpよりお知らせください。
ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30