稲増龍夫 法政大学社会学部教授へのインタビュー

ito1.jpg

「理想とするハイライフ」
稲増龍夫 法政大学社会学部教授へのインタビュー

現代における「ハイライフ」とは何か?「ハイ」という言葉が外から言われるのではなく、内面の充実という意味合いが強くなってきている。情報やモノが何でもすぐ手に入る時代において、若者も自己満足だけにとどまらず、社会全体の未来への目、そして、自分と公のバランス、みんなの幸せというものを意識できる社会になってほしい。若者文化、メディア文化に詳しい稲増龍夫氏にお話を伺いました。


稲増龍夫 法政大学社会学部教授 専門は、社会心理学・メディア文化論。 ゼミからはアナウンサーなどマスコミ関係者を数多く輩出している。自分自身、フジテレビやTBSなど、コメンテーターとしての活躍も大変多い。 著書:『アイドル工学』、『<ポスト個性化>の時代~高度消費文化のゆくえ』『パンドラのメディア~テレビは時代をどう変えたのか』ほか。

ご意見・ご感想がございましたら、
お問い合わせページまたはinfo@hilife.or.jpよりお知らせください。
ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30