財団法人ハイライフ研究所メールマガジン

ハイライフ研究所メールマガジン 第187号

2016年3月23日配信  発行責任 公益財団法人ハイライフ研究所 事務局


<今号の内容>

1.【連載】 第11回 まとめ|都市(街)探訪シリーズ
2.【連載】 第5回 東京50 km圏域の居住の未来を語る|東京50㎞圏域、「多拠点居住の可能性研究」


 

1.【連載】東京都市圏における『10㎞~20㎞圏エリア』にある街を探訪する。その魅力は?

第11回 まとめ

東京都市圏における『10㎞~20㎞圏エリア』にある街を探訪する。その魅力は?

レーダーチャート分析結果から見る街の魅力、相違点・個性と共通点を探る

 ハイライフ研究所の「都市研究 2015年度」では、PHASE2として「東京10㎞~20㎞圏のエリアにある9つの代表的な商業集積地の活性状況ならびに将来に向けての可能性」について調査研究を行ってきた。その調査結果を当研究所発行のメールマガジン2015で「都市(街)探訪シリーズ」として10回続けて連載してきた。東京10㎞~20㎞圏の最も集客力のある代表的な商業集積地「自由ヶ丘」「三軒茶屋」「下北沢」「蒲田」「溝の口」「中野」「赤羽」「北千住」「錦糸町」を取り上げ、各街が活性化している理由や街の特徴などをレポートしたものである。

 本レポートは、それら9つの商業集積地に共通する活性化要因や活性化の中身の違いなどその特異性についてまとめた。

執筆:立澤芳男(マーケット・プレイス・オフィス代表)

 

■東京都市圏における『10㎞~20㎞圏エリア』にある街を探訪する。その魅力は?
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=153

 


2.【連載】 東京50㎞圏域、「多拠点居住の可能性研究」

東京50㎞圏域、「多拠点居住の可能性研究」

第5回 東京50 km圏域の居住の未来を語る

 2015 年度の郊外居住研究報告の最終章では、「東京50 km圏域― 多拠点居住の可能性研究」に参加いただいた研究員と顧問の方々に、研究を通して得られた知見、日々のライフワークの中で感じている郊外居住・郊外住宅地の課題などを交えて座談会方式で語っていただくことにした。

■東京50㎞圏域、「多拠点居住の可能性研究」
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=154

 


 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ハイライフ研究所のメールマガジン“High-Life DATA FILE”に関するご意見・ご感想がございましたら、info@hilife.or.jpからお知らせください。

 


編集/発行 公益財団法人ハイライフ研究所
〒104-0061東京都中央区銀座1-8-14銀座YOMIKOビル8階
FAX:03-3563-8686
E-mail:info@hilife.or.jp


ご意見・ご感想がございましたら、
お問い合わせページまたはinfo@hilife.or.jpよりお知らせください。
ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30