財団法人ハイライフ研究所メールマガジン

ハイライフ研究所メールマガジン 第157号

2014年12月24日配信  発行責任 公益財団法人ハイライフ研究所 事務局


<今号の内容>

1.【連載】第三回 JR総武線・京葉線沿線(東京~千葉)|鉄道沿線エリアマーケティング
2.【連載】第2回 ジャイメ・レルネルル(都市計画家)|都市の魅力を構成する要素はなにか。


 

1.【連載】東京30~50㌔圏都市の存亡。大東京の都市化から脱皮・自立へ

第三回 JR総武線・京葉線沿線(東京~千葉)

本格的な少子高齢社会の到来と東京オリンピック・パラリンピック開催に向かい変貌する東京大都市圏

総武線の歴史は明治にさかのぼるが、注目を浴びたのは東京のベッドタウン化で人口が急増した60,70年代である、しかし、その時期の総武線では、国鉄スト、台風、地震、電車事故の遅れのたびに利用者が荒れ狂い、通勤地獄がマスコミに載った。総武本線、中央線のダイヤ改正もあったがお手上げの状態にあった。東京全体の人口が増え続けた90年代まで、千葉は暖かいし空気も良いと宅地化が進み東京のベッドタウンとなり、千葉都民が誕生している。

それから約20年後、その総武線に並行して東京湾岸沿いに新たな鉄道が開業(1990年)した。その名は、名の通り東京都心と千葉市内を直結する『京葉線』である。混雑する総武線の解消もしくは補完すると思われた鉄道だが、実態は補完どころか、沿線には続々と新たな街が建設されていった。
90年以降、東京での人口の都心回帰がはじまり、郊外の人口の伸びも停滞し東京の都市化は曲がり角を迎えているが、この時期に誕生し発展するJR京葉線沿線エリアは、かつて東京への依存により発展した千葉という地域社会とは違って、東京と相互依存型の地域社会になりつつある。JR京葉線は、今までの千葉の発展を支えてきたJR総武線とは全く違う動きを見せている。その結果、東京寄りの千葉西部エリアは二つの顔を持つことになった。

今回のレポートは、JR総武線とJR京葉線の鉄道が平行して走るエリア(東京都墨田区・江東区・江戸川区、及び千葉県の浦安市、市川市、船橋市、津田沼市、千葉市の東部地区)を各行政の人口や商業データそして両線の駅別乗車人員動向をベースに地域のポジション・ポテンシャルを分析している。今後千葉湾岸エリアと内陸部はどのように変わってゆくのだろうか。

執筆:立澤芳男(マーケット・プレイス・オフィス代表)

 

■本格的な少子高齢社会の到来と
東京オリンピック・パラリンピック開催に向かい変貌する東京大都市圏
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=144

 


2.【連載】第2回 ジャイメ・レルネル(都市計画家)|都市の魅力を構成する要素はなにか。

都市の魅力を構成する要素はなにか。
~世界のスーパーマイスターに聞く

第2回 ジャイメ・レルネル



都市の魅力をつくりあげているものは 何よりも「人」です。
生活、働き、移動、レジャー、これらが混在されればされるほど、
都市はよくなり、生活の質もよくなり、魅力を増します。(ジャイメ・レルネル)


超高齢化・人口減少社会において、持続可能な都市・地域とはどう形成されるのか?
本連載インタビューでは、人々が住み続けられるまち(生き続けられるまち)のありかたを問います。

第2回は、ブラジルの都市計画家、
ジャイメ・レルネル(Jaime Lerner)氏が登場します。

クリチバの奇跡と呼ばれる、南米随一の環境都市を実現したレルネル氏に聞く、
「都市の魅力を構成する要素はなにか。」


ジャイメ・レルネル氏(Jaime Lerner) プロフィール
1937年生まれ。建築家、都市計画家、南米ブラジル・パラナ州元知事。1970年代以降、パラナ州の州都クリチバ市の市長を3期にわたり務める。同市を「都市計画の見本」と称賛される先進的な都市に変貌させたことでも知られる。1994年~2002年、パラナ州知事。2002年~2005年、国際建築家連合会長。

出演:ジャイメ・レルネル
撮影・構成:服部圭郎 明治学院大学経済学部教授
編集:熊倉次郎 株式会社クマクラジロウ事務所

制作:公益財団法人ハイライフ研究所


■都市の魅力を構成する要素はなにか。
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=147

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ハイライフ研究所のメールマガジンHigh-LifeDATAFILEに関するご意見・ご感想は、info@hilife.or.jpまでどうぞ!

 


編集/発行 公益財団法人ハイライフ研究所
〒104-0061東京都中央区銀座1-8-14銀座YOMIKOビル8階
FAX:03-3563-8686
E-mail:info@hilife.or.jp


ご意見・ご感想がございましたら、
お問い合わせページまたはinfo@hilife.or.jpよりお知らせください。
ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30