財団法人ハイライフ研究所メールマガジン

ハイライフ研究所メールマガジン 第153号

2014年10月29日配信  発行責任 公益財団法人ハイライフ研究所 事務局


<今号の内容>

1.【連載】第一回 JR中央線(新宿駅以西)編|鉄道沿線エリアマーケティング
2.【講演】スウェーデンの障害者雇用
3.【フォーラムのお知らせ】グレートブックス・ライブラリ・カフェ(11/7 横浜)
4.【フォーラムのお知らせ】「働くこと」と「学ぶこと」の新しい関係づくり(11/8 横浜)


 

1.【連載】東京30~50㌔圏都市の存亡。大東京の都市化から脱皮・自立へ

第一回 JR中央線(新宿駅以西)編|鉄道沿線エリアマーケティング

本格的な少子高齢社会の到来と東京オリンピック・パラリンピック開催に向かい変貌する東京大都市圏

戦前から始まった東京の都市化の波は、戦後さらに発展しその後、約半世紀にもわたって大きな波となって都市化は進んでいるが、この大きな都市化の波が東京圏という中で具体的に確認できるのは東京都心から多摩地区の地域ゾーンである。東京の都市化が実証出来るのは、東京圏においては、都心から多摩地区までの中央線沿線エリアへの地域発展プロセスに東京圏の都市化の波を見ることができる。実質、東京の都市生活者の生活地域エリアの主役となった東京~高尾までの約50キロ呈に及ぶ地域の心臓部に敷設され運行されているのが「中央線」である。

今回のレポートは、最も東京の都市化の発展プロセスをみせる『中央線沿線エリア』(新宿以西、高尾まで)の地域のマーケティングを試みた。中央線沿線各駅とその駅周辺の商業についての分析である。

執筆:立澤芳男(マーケット・プレイス・オフィス代表)

 

■本格的な少子高齢社会の到来と
東京オリンピック・パラリンピック開催に向かい変貌する東京大都市圏
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=144

 


2.【講演】スウェーデンの障害者雇用

スウェーデンの障害者雇用|THE SAMHALL STORY

スウェーデンの障害者雇用|THE SAMHALL STORY

■スウェーデンの障害者雇用|THE SAMHALL STORY
http://www.hilife.or.jp/sweden/?p=1099

福祉国家として知られる、北欧の国・スウェーデン。
手厚い社会保障を支えるために 政府は完全雇用の実現を目標としています。

ストックホルムに本社を構える、スウェーデンでも最大規模の企業のひとつSAMHALL(サムハル)社は、毎年、2万人の障害者に仕事の機会を提供し、年間1,000億円以上を売り上げています。

障害者雇用の最先端を行くSAMHALLとはどのような企業なのでしょうか?

シリーズ、スウェーデンに学ぶ、日本の再構築。

今回はSAMHALLの社長、モニカ・リンゲガードさんの講演をお送りします。

講師:
モニカ・リンゲガード CEO SAMHALL AB, SWEDEN
西野 弘 株式会社プロシード 代表取締役

内容:
・SAMHALL社のヴィジョンとミッション
・その歩み|下請け製造業からサービス業への参入
・現地取材|SAMHALL社クリーニング工場で働く人々
・SAMHALL社の業績
・SAMHALL社のこれから

ホームページ:http://www.hilife.or.jp/sweden/?p=1099


撮影:田中勇佑(リアルストリーム株式会社)
現地取材・構成:熊倉次郎(株式会社クマクラジロウ事務所)
制作統括:萩原宏人(公益財団法人ハイライフ研究所)

共同制作:
一般社団法人スウェーデン社会研究所
公益財団法人ハイライフ研究所

 


3.【フォーラムのお知らせ】グレートブックス・ライブラリ・カフェ(11/7 横浜)

森永エンゼル財団は、2014年11月7日(金)13:00より、第16回 図書館総合展(パシフィコ横浜)において2つのフォーラムを開催します。

libraryfair2014

グレートブックス・ライブラリ・カフェ:第一部
ミルワード神父のシェイクスピア物語 (講演)

<フォーラムの内容>
国際的なシェィクスピア学者のピーター・ミルワード神父が、思想家・詩人・戯曲作家の視点によるシェイクスピア研究、シェィクスピアに影響を与えたカトリック・イエズス会についてお話しします。
渡部先生、門野先生は、ミルワード神父との交流を通じたシェィクスピア研究をお話しします。

発表者:
講師:ピーター・ミルワード(上智大学名誉教授)
講師:渡部昇一(上智大学名誉教授)
講師:門野泉(清泉女子大学名誉教授・前学長)

イベント詳細ページ http://2014.libraryfair.jp/node/2148

開催日時:2014年11月7日(金)  13:00-14:30

会場:第16回 図書館総合展 第4会場 (パシフィコ横浜)

主催:一般財団法人森永エンゼル財団/共催:図書館総合展運営委員会

お申し込みの方法:
フォーラムに参加希望の方は、下記メールアドレスまでご連絡ください。
greatbooks@angel-zaidan.org

グレートブックス・ライブラリ・カフェ:第二部
シェイクスピアは隠れカトリックだった? (シンポジウム)

<フォーラムの内容>
国際的なシェィクスピア学者により、複雑な永遠の謎につつまれているシェィクスピアの実像と作品に学術的な謎解きをすすめていきます。

発表者:
講師:ピーター・ミルワード(上智大学名誉教授)
講師:渡部昇一(上智大学名誉教授)
講師:門野泉(清泉女子大学名誉教授・前学長)
司会:松田義幸(尚美学園理事長/森永エンゼル財団理事)
司会:犬塚潤一郎(実践女子大学教授)

イベント詳細ページ http://2014.libraryfair.jp/node/2149

開催日時:2014年11月7日(金)  15:00-16:30

会場:図書館総合展 第4会場 (パシフィコ横浜)

主催:一般財団法人森永エンゼル財団/共催:図書館総合展運営委員会

お申し込みの方法:
フォーラムに参加希望の方は、下記メールアドレスまでご連絡ください。
greatbooks@angel-zaidan.org

 


4.【フォーラムのお知らせ】「働くこと」と「学ぶこと」の新しい関係づくり
古典書籍との対話を通じた手法──Great Books Library Cafe

「学校を出てからも学び続けるということの意味は? その価値は?」
高度な情報社会、複雑な経済社会によって、その答えも変わってきています。
その鍵は「読書」なのか「コミュニケーション」なのか。その成果はどのように
計られていくのか。
社会教育に携わる方々、学び続けようという方々のためのフォーラムです。

講師:
徳山郁夫(千葉大学名誉教授)
高木洋実(株式会社テック・アールアンドディス社長)
大橋一広(株式会社イトーキ ICTソリューション企画推進部 副部長)
田邉敏憲(尚美学園大学学長)

司会:犬塚潤一郎(実践女子大学生活文化学科教授)

会場 : 横浜市中央図書館
日時 : 11月8日(土)
時間 : 14:00~16:00
主催 : 図書館総合展運営委員会/共催:一般財団法人森永エンゼル財団

詳しくは以下のホームページをご覧ください。
http://2014.libraryfair.jp/node/2166

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ハイライフ研究所のメールマガジンHigh-LifeDATAFILEに関するご意見・ご感想は、info@hilife.or.jpまでどうぞ!


編集/発行 公益財団法人ハイライフ研究所
〒104-0061東京都中央区銀座1-8-14銀座YOMIKOビル8階
FAX:03-3563-8686
E-mail:info@hilife.or.jp


ご意見・ご感想がございましたら、
お問い合わせページまたはinfo@hilife.or.jpよりお知らせください。
ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30