1964年‐2020年東京オリンピックが挟んだ半世紀の東京イメージ画像

リンク 第2回 東京の交通インフラ鉄道編|ポスト2020「東京の行方」-首都東京の変化を見る-

東京オリンピック以降、東京一極集中を前提とした経済活動は、人口動向や交通網に大きな影響を与えてきたが、逆もある。東京近郊の鉄道網は次々と東京に乗り入れするなど、東京の鉄道網の路線拡大と輸送の強化で郊外に人口が分散する中、鉄道路線で就業者と都心業務とを結び、その地位を強靭にした。人口の郊外居住化とする分散政策は事実上、東京都心業務機能の集中をもたらした。

リンク 第1回 東京の人口編|ポスト2020「東京の行方」-首都東京の変化を見る-

1964年の東京オリンピック開催から約半世紀。2020年に東京で再びオリンピックが開催されるが、この半世紀で大都市、特に東京は大きく変化した。確かに1964年の東京オリンピック開催を機に、東京は都市としてピークを迎えた。しかし、50年を経過する中、オリンピック開催に合わせてできあがった多くのインフラ(交通道路・建築物など)は老朽化している。この老朽化したインフラをいかに更新していくかが、東京という都市の喫緊の課題だ。オリンピックに合わせた数兆円のインフラ投資では、現在の都市問題の解決は難しい。

リンク <プロローグ>|ポスト2020「東京の行方」-首都東京の変化を見る-

1964年の東京オリンピック開催から約半世紀。2020年に東京で再びオリンピックが開催されます。この半世紀で大都市、特に東京は大きく変化しています。我々は、日々の小さな変化に気づかずに56年暮らしてきました。今日の東京を支える社会インフラの多くは、1964年の東京オリンピック開催を機に完成しています。

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30