都市生活者とサービス化社会イメージ画像

リンク 第10回 サービス業から見る東京各エリアの魅力|都市生活者とサービス化社会

本レポートは「都市生活とサービス化社会」というテーマの元、毎月さまざまなテーマで作成しているが、その基礎データとなっているのは「経済センサス【総務省】」や「サービス業調査【総務省】」だ。しかし、それら日本のサービス業に関する統計データは、製造業を主として構築された統計データのためもあり、サービス業の産業的概念が現実の社会に向き合った整理ができておらず、サービス業に関する統計は計測方法などでかなり遅れている。本レポートもその情報の壁にぶつかりながら、都市生活のサービス業について分析を進めている。

リンク 第9回 サービス業から見る東京各エリアの魅力|都市生活者とサービス化社会

2020東京オリンピック・パラリンピック開催まであと3年をとなった。その時点で訪日外国人は、4千万人と言う。東京は宿泊ホテル、移動手段など「おもてなしのサービス」が出来るのかその供給体制に不安がある。一方、その4千万人を迎える側の東京は少子高齢化、単身世帯の増加など社会環境も大きく変化している。その中で老人介護、子育て、健康、生活支援など生活ニーズは多様化するが、その多様なニーズに応えるサービス供給が、十分にできるのか大きな不安がある。

リンク 第8回 昼間人口とサービス業の相関から見る地域社会の魅力|都市生活者とサービス化社会

都市には様々なサービス事業が立地しているが、それらのサービス事業が各行政区エリアでどのように受け入れられているのか、また、各地でどのような種類のサービス業が充実しているのか?そしてそのサービス業は、都市生活者に何を提供するのか。その提供するサービス内容は、都市の魅力の因子である「生活の便利性」や「安全性」、あるいは「快適性」とどう相関するのか?

リンク 第7回 商業地・住宅地の「地価」で見るエリアとサービス業の相関を見る|都市生活者とサービス化社会

都市には様々なサービス事業が立地しているが、それらのサービス事業が各行政区エリアでどのように受け入れられているのか、また、各地でどのような種類のサービス業が充実しているのか?
 本レポートでは東京都市圏が多様なエリアの姿を見せる中、東京行政エリアとその地域のサービス業の供給度合いを、都市の魅力という視点から数回にわたりエリアの多様化に注目し、分析を進めてきた。

リンク 第6回 シングル(単身)ライフ優勢エリアと地域のサービス業の相関を見る|都市生活者とサービス化社会

日本の人口が減少する中、日本の世帯は単独世帯が増え、夫婦と子供からなる世帯は減少を続けている。
世帯の細分化が進んでおり、地域社会では「縮退する“核家族”と、増殖する“分散家族”の共存」という事態が顕在化している。本レポートの主テーマである地域のサービス業も地域の世帯構成の変化の影響を被っている。

リンク 第5回 多様化する世帯と地域のサービス業の相関を見る|都市生活者とサービス化社会

日本の人口が減少する中、日本の世帯は単独世帯が増え、夫婦と子供からなる世帯は減少をし続けている。世帯の細分化が進んでおり、地域社会では「縮退する“核家族”と、増殖する“分散家族”の共存」という事態が顕在化している。本レポートの主テーマである地域のサービス業も、地域の世帯構成の変化の影響を被っている。

リンク 第4回 地域の年齢別人口構造の変化とサービス業の事業立地|都市生活者とサービス化社会

日本の人口が減少する中、東京の人口はここ2000年ころから増加に転じ、増え続けている。しかし、年齢別人口構造に大きな変化が出始めている。東京都の各行政区や首都圏各地では、老人ホーム、保育園など少子高齢社会の本質的な問題が急浮上している。
現在の都市圏各エリアでは、少子高齢社会を前にして地域対応の生活サービス事業の供給実態は、まだよく認識されていない。生活に密着し生活に不可欠なサービス事業(物販・飲食・各種サービスなど)は、どの程度供給されているのだろうか。

リンク 第3回 サービス業の供給状況からみる東京都行政エリアの魅力|都市生活者とサービス化社会

多くの人が日常生活において繰り返す基本的な活動は、主に食事、排泄、整容(着替え、洗面、歯みがき、整髪など)、入浴、移動などの生活行為・動作で、これは生活していく上では不可欠な行動である。その活動を支えるのは地域にある小売業を含めた多様なサービス業である。地域とサービス業の相関関係を見ると、人口が多く人口密度が高いエリアにおいて多種多様なサービス業が多く集積する。

リンク 第2回 サービス業から見る都市の魅力度(準都心エリア)|都市生活者とサービス化社会

最近、東京都の各行政区や首都圏各地で老人ホーム、保育園など少子高齢社会の本質的な問題が急浮上してきている。しかし、現在の都市圏各エリアでは、少子高齢社会を前にして地域対応の生活サービス事業の供給実態はまだよく認識されていない。生活に密着し生活に不可欠なサービス事業(物販・飲食・各種サービスなど)はどの程度供給されているのだろうか。

リンク 第1回 産業分類表から見る都市生活サービス事業|都市生活者とサービス化社会

東京都市圏の人口は戦後急増し、日本の高度経済成長期の1960年代,70年代に減り続けた。しかし、1990年頃から都心部を中心に人口回帰現象が起こり、東京の人口は再び増え、増加エリアは都心3区から都心周辺の区部に広がっていった。その結果、一時沈滞化していた東京10㌔圏前後にある街(準都心エリア)が活気を取り戻し、職住近接の居住地として再び脚光を浴びた。2010年以降は人口回帰現象が一段落し、準都心エリアの人口は単身居住者増を伴いつつ、少子化と高齢化が顕在化しはじめた。そして十数年後の2030年の東京の人口は、一部の行政区を除き「高齢化というマンモス都市」になるという。急速に進行する人口減や高齢化に対し東京都市圏の地域社会はどう対応すればよいのか。

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30