NEWS

【連載】 第10回(最終回)「楽しみの時層」 総合編|次世代シニア 楽しみの時層

第10回(最終回)「楽しみの時層」 総合編|次世代シニア 楽しみの時層

次世代シニア 楽しみの時層

第10回(最終回)「楽しみの時層」

公益財団法人ハイライフ研究所では、平成二十八年、次世代高齢者研究報告の一環として50代から70代前半(昭和16年~昭和40年生まれ)の男女を対象に生活行動、生活意識調査を実施、その調査結果に研究員の視点を交え「次世代シニアと現在形シニア、その意識と行動」と題したコラムを連載してまいりました。

その続編ともいえる今回のシリーズは、同調査で自由回答形式にて収集した「人生の各時期の楽しみの生活史」を「時層」と名づけた上で、次世代シニアにみる「世代の共通体験や個人史」に焦点を当てそこから培われた価値観や幸福感を探ってまいります。2020年を過ぎる頃から高齢者の仲間入りする次世代シニアの「時層」から浮かび上がる現在形シニアとの違いにも注目してまいりたいと思います。

次世代シニアと現在形シニアの定義
①次世代シニア
1956年~1965年生まれ(調査時51~60歳)
②現在形シニア
1941年~1950年生まれ(調査時66~75歳)

第一回から第五回まで次世代高齢者調査の自由回答を基に「エンタメ」「趣味とスポーツ・旅行」「食べ物・飲み物・飲食店」「街と店・飲食店」「ファッション」を通じて「楽しみの時層」を辿ってまいりました。第六回からは第九回までは「楽しみの時層」と「生活意識・実態」を掛け合わせて、一人の人物像に迫ることでヒントを得る「楽しみの時層・n=1の世界」をお届けしました。最終回は「楽しみの時層・n=1の世界」のフォーマットを使いつつ、総集編として次世代シニア男女各n=100の全体像をみます。各調査項目で回答の多かった内容をベースに人物像を仮想しながら「楽しみの時層」においては代表感のある回答を、全分野、網羅的に出来るだけ多く取上げてみました。

執筆者:主任研究員 福與宜治


第10回レポート全文は以下のリンク先からご覧いただけます。
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?p=14747#pdf

□次世代シニア 楽しみの時層
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=168

【データベース】 都市の鍼治療 No.166~No.170

「都市の鍼治療」データベース

 クリチバのジャイメ・レルネル元市長は、都市が抱える問題を手っ取り早く解決するべき方法論として「都市の鍼治療」を提唱しています。

 多くの課題に直面する都市は、さながら病人のようです。そして、都市の鍼治療とは、その都市の病を根本的に治すことは難しいけれども、効果的に「鍼療法のように治す」ことは可能であるという考え方にもとづいた方法論です。

 本データベースは、このレルネル元市長の「都市の鍼治療」という考えにのっとり、内外の「都市の鍼治療」事例をシリーズで紹介していきます。


鍼アイコン166 クリチバのバス・システム
166 クリチバのバス・システム

ブラジル・パラナ州の州都であるクリチバ市は、効率的でユニークなバスの運行システムで知られている。赤い3連節の長いバスが市内の専用レーンを颯爽と走り、チューブ状の未来的なデザインのバス停留所では、バスが到着するたびに自動踏み板が降り、短い停車時間で乗客が乗り降りを完了すると速やかに走り去っていく。クリチバのバス・システムは、コロンビアのボゴタ、インドネシアのジャカルタ、韓国のソウルなどで模倣され、クリチバ・モデルとでも呼ぶべき効率的なシステムを実現している。

鍼アイコン167 パリ地下鉄のアールヌーヴォー・デザイン
167 パリ地下鉄のアールヌーヴォー・デザイン

パリの地下鉄駅は、地下鉄という公共施設であるため、多くの人が利用する。そのような施設において、アール・ヌーヴォー時代のパリを思い起こさせるこの地下鉄駅の意匠は、都市の貴重な記憶を継承させる装置としても重要な役割を担っていると考えられる。特に、取壊を免れたポルト・ドフィーヌ駅とアベス駅はオリジナルな姿を今日に伝え、建築文化遺産としても重要な存在である。

鍼アイコン 168 アンドレ・シトロエン公園

168 アンドレ・シトロエン公園

シトロエン公園はジャヴェル駅に近く、パリのように圧倒的に土地に対する需要が高い大都市においては、ビジネス的には喉から手が出るほど欲しい、幾らお金を出しても買いたい、と思う企業がいくらでもいたであろう。それを敢えて、そのような商業的な土地利用をせずに、公園として広く人々が活用できる公共空間として整備をした。しかも、そのセールスポイントは広大なる芝生である。それはパリ市民が求めていた空間を提供しただけでなく、パリの都市の魅力をさらに高めることにも成功した。それこそが都市経営であり、しっかりとした土地利用計画であると思われる。

鍼アイコン169 ジュビリー・ウォーク(Jubilee Walk)
169 ジュビリー・ウォーク(Jubilee Walk)

ジュビリー・ウォークは、シンガポールの建国50周年を祝して整備された延長8キロメートルの歩道である。この歩道は、フォート・カニングの丘、シンガポール川、行政地区、マリーナ・ベイといったシンガポールの過去、現在、将来の物語を象徴するような23のランドマークを結んでおり、ここを歩くことでシンガポールという都市国家を形成した人々やコミュニティの営みが理解でき、その都市形成の歴史を学習できるように意図されている。
イメージが弱い都市や、インバウンド観光客が増えてその動線を誘導する必要性がある都市などは是非とも参考にすべき好事例であると考えられる。

鍼アイコン170 ヴィア・スパラーノ(Via Sparano)の改修事業
165 ハガ地区の街並み保全

バーリは治安が決してよいとは言えない。治安がよくないと人々は公共空間に不安を覚え、あまり近寄らなくなる。公共空間の魅力をつくりだすのは、そこに多くの人が滞在していることが必要条件である。そのため、デカロ市長は、この「バーリの居間」と呼ばれる中心街路に人が安心して、そして快適に過ごせるための仕掛けをつくりあげた。ジェイン・ジェイコブスが名著『アメリカ大都市の死と生』で指摘しているように、人が来ることによって、その公共空間はより安全になるのだ。

 

取材・構成
服部圭郎 龍谷大学政策学部教授

制作・配信
公益財団法人ハイライフ研究所

■都市の鍼治療 データベース
http://www.hilife.or.jp/cities

第32回ハイライフセミナーのお知らせ

第32回ハイライフセミナー

2018年度2回目となるハイライフセミナーを3月15日(金)に開催します。
今回のテーマは「シェアダイニング」です。
ハイライフ研究所の「次世代高齢者研究」を進める中で、特にリタイアした男性高齢者の孤立が大きな問題であるという結果が出ています。そして「食」の満足が消費や普段の生活満足とも相関が高いという研究結果も出ております。
本セミナーでは、これらの問題解決の一助として、健康や生活の質を向上させる食空間(シェアダイニング)の創出をテーマに、高齢者とシェアダイニングについて、参加者全体で考える機会として開催いたします。
詳細は添付の案内をご覧ください。
参加ご希望の方は応募フォームに必要事項をご記入になりハイライフ研究所まで送信をお願い申し上げます。

第32回ハイライフセミナー案内(PDFファイル)

応募フォーム(リンク)

【連載】第十一回 現代若者の「○○離れ」の実相|現代若者考・レポート

第十一回 現代若者の「○○離れ」の実相

日本の家庭における必需品は、戦後期には「三種の神器(電気冷蔵庫、電気洗濯機、白黒テレビ)」、1960年代には「3C商品(カラーテレビ・クーラー・マイカー)」であった。その日本の経済高成長期に団塊の世代という大量の若者が社会に登場し、諸説あるが、大人になるための「必須の神器」とされたのが、お金を前提にして「車」「酒・たばこ」「海外旅行」であった。

その若者の神器は、当時の若者にとっては自分と他人の「差異」を誇示するために便利なツールであり、他人との「差異」を示すことが自己顕示欲を満たすものだった。

しかし、1990年代前半以降、バブルの崩壊をキッカケに、失われた10年ともいわれた長期不況が続く中、統計上の数字でも車、お酒、海外旅行離れも明確に証明されるようになった。

さらに、2000年代には人口減少・少子高齢社会となり、量重視の社会からサービス化や情報化社会へと転じ、若者たちの間では、「車」「酒・たばこ」「海外旅行」には強い関心を持たなくなった。景気後退が長期化し企業の業績は悪化する中、企業やマーケティング業界やマスコミでは、神器に無関心を装う若者のビヘイビアを、若者の『○○離れ』と取り上げた。その背景には長期にわたる消費不振が続いたこともあるが、若者人口数そのものが団塊世代より4割近く少なく、そのことだけ見ても若者の消費量は大きく落ち込んだ。それでも経済産業界では量的拡大や高成長の再来を念じるあまり、消費の不振の原因を若者の消費行動(≒○○離れ)にあると決めてかかった。かつての若者の巨大で強烈な消費パワーが忘れられないのである。

現代の若者が置かれている社会状況は60,70年代とは全く異なり、また90年代とも全く違う。何が違うのかというと、今の若者は、バブル崩壊後に生まれた世代で、思春期にリーマンショックや東日本大震災を体験している。攻めよりは守りの意識が強くなっている世代だ。若者の不況慣れ、低成長慣れがあり、学歴や資格、肩書といった既存の社会の枠組みの中で、極力、不利な道に落ちないようにという生き方をするといった若い世代の保守化の傾向が強くなっている。そのような状況の中で、若者たちが大人になるための「憧れの神器」とされるもの、例えば、車、お金、旅行、恋愛、酒などたくさんのキーワードがあるが、それら憧れのアイテム群はほとんど現在では「〇〇離れ」と認識されている。

今、産業界やマスメディアで報道される「○○離れ」といわれている「車」、「海外旅行」、「消費(お金)」は、日本の社会のグローバル化、キャッシュレス化、IoT・AI化へと進む中どのように認識されているのか?

今回は、○○離れといわれる中で、自動運転が視野に入った「車」、インバウンドなどグローバル化か進行する中での「海外」、キャッシュレス社会へ向かう中での「消費(金銭・マネー)」、そして○○離れどころか○○離れできなくなった「スマートフォン」につてそれぞれ現代の若者との関係をみてゆく。

「○○離れ」の実相を探る。

 

執筆者 マーケット・プレイス・オフィス代表  立澤芳男(たつざわよしお)
■流通系企業の出店リサーチ・店舗コンセプトの企画立案
/都市・消費・世代に関するマーケティング情報収集と分析
■現ハイライフ研究所主任研究員
■元「アクロス」編集長(パルコ)/著書「百万人の時代」(高木書房)ほか

 

■第十一回 現代若者の「○○離れ」の実相
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?p=14696

 

■現代若者考・レポート
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=167

【連載】 第9回 「楽しみの時層」 n=1の世界④|次世代シニア 楽しみの時層

第9回 「楽しみの時層」 n=1の世界④|次世代シニア 楽しみの時層

次世代シニア 楽しみの時層

第9回 「楽しみの時層」 n=1の世界④
現在形シニアの事例に学ぶ・男性編


公益財団法人ハイライフ研究所では、平成二十八年、次世代高齢者研究報告の一環として50代から70代前半(昭和16年~昭和40年生まれ)の男女を対象に生活行動、生活意識調査を実施、その調査結果に研究員の視点を交え「次世代シニアと現在形シニア、その意識と行動」と題したコラムを連載してまいりました。

その続編ともいえる今回のシリーズは、同調査で自由回答形式にて収集した「人生の各時期の楽しみの生活史」を「時層」と名づけた上で、次世代シニアにみる「世代の共通体験や個人史」に焦点を当てそこから培われた価値観や幸福感を探ってまいります。2020年を過ぎる頃から高齢者の仲間入りする次世代シニアの「時層」から浮かび上がる現在形シニアとの違いにも注目してまいりたいと思います。

次世代シニアと現在形シニアの定義
①次世代シニア
1956年~1965年生まれ(調査時51~60歳)
②現在形シニア
1941年~1950年生まれ(調査時66~75歳)

第一回から第五回まで、次世代高齢者調査の自由回答を元に「エンタメ」「趣味とスポーツ・旅行」「食べ物・飲み物・飲食店」「街と店・飲食店」「ファッション」を通じて「楽しみの時層」を辿ってまいりました。第六回からは「楽しみの時層」と次世代高齢者調査で得た現在(調査時点)の「生活意識」を掛け合わせて、次世代シニアの気持ちに迫る試みをお届けしています。題して「楽しみの時層・n=1の世界」n=1は調査標本=1を意味します。アプローチ方法は以下の通りです。

第九回は、先行する世代の現在形シニア男性に目を向け、加齢による変化や次世代シニア層との世代的な違いなどを推量しつつ「人生の先輩、現在形シニアの事例に学ぶ」という視点から掘り下げてみたいと思います。

執筆者:主任研究員 福與宜治


第9回レポート全文は以下のリンク先からご覧いただけます。
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?p=14635#pdf

□次世代シニア 楽しみの時層
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=168

【連載】第十回 大学生の就活事情(就職・離職・転職)編|現代若者考・レポート

第十回 大学生の就活事情(就職・離職・転職)

2019年は働く人に大きな変革をもたらすルールが相次ぎ導入される。18年6月に成立した働き方改革関連法が柱にする「残業規制」や「脱時間給(高度プロフェッショナル)制度」などが4月1日から適用されるが、誰もが働きやすい職場を整えるとともに一人ひとりの生産性向上を目指すという。また、一方、4月に初めて単純労働に外国人の就労を認めた改正出入国管理法が施行され、農業、介護、宿泊、外食、建設など14分野を対象にし、5年間で最大34万人の受け入れを見込むという。

生産性向上のための働き方改革と史上まれに見る人手不足対策という、一見両立不可的な要素を含む現在の労働市場だが、人生100年時代の中で、人生最初で最大の選択である新卒の就職の今後にも大きな変化が生じるだろう。

新卒で入った勤め先に定年まで勤める「終身雇用制」は根強く、転職時にも職歴が重視されるので、新卒での就職活動および勤め先は、その後の人生に大きく影響する。就職は人生最大の出来事だ。

この数年、新卒学生の就職活動は「売り手市場」だと言われているが、少し長期的な視点から学生の進路状況や就職先を見てみる必要がある。何か大きな変化が起こっているに違いない。

大学では入試が始まったが、まもなく、3年生や大学院1年生の就職活動が始まる。 今回のレポート第十回は、大学生の就活事情(就職・離職・転職)を追う。

 

執筆者 マーケット・プレイス・オフィス代表  立澤芳男(たつざわよしお)
■流通系企業の出店リサーチ・店舗コンセプトの企画立案
/都市・消費・世代に関するマーケティング情報収集と分析
■現ハイライフ研究所主任研究員
■元「アクロス」編集長(パルコ)/著書「百万人の時代」(高木書房)ほか

 

■第十回 大学生の就活事情(就職・離職・転職)
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?p=14603

 

■現代若者考・レポート
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=167

すべて見る

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30