NEWS

【連載】 第7回 商業地・住宅地の「地価」で見るエリアとサービス業の相関を見る

第7回 商業地・住宅地の「地価」で見るエリアとサービス業の相関を見る

 都市には様々なサービス事業が立地しているが、それらのサービス事業が各行政区エリアでどのように受け入れられているのか、また、各地でどのような種類のサービス業が充実しているのか?

 本レポートでは東京都市圏が多様なエリアの姿を見せる中、東京行政エリアとその地域のサービス業の供給度合いを、都市の魅力という視点から数回にわたりエリアの多様化に注目し、分析を進めてきた。

 多様化するエリアの分析として、最初のアプローチは各行政エリアの地理条件(歴史や地形、あるいは交通条件など)から地域の多様化を、次のアプローチとして東京都23区各行政区の年齢別人口構成の差異(例えば高齢者人口、核家族世帯など)に注目し多様性を確認し、それぞれ区分けしたエリアごとにサービス業の供給状況を確認した。三つめのエリアの多様化についてのアプローチは、日本全国で大きな問題として登場してきた「単身世帯・シングルライフ」というテーマで地域の多様性について確認した。

 今回は、エリアの地価と地域のサービス業との相関からみられる都市の魅力を見てみた。
 サービス業から見たそれらエリアの都市の魅力についてレポートする。

 

執筆者 マーケット・プレイス・オフィス代表  立澤芳男(たつざわよしお)
■流通系企業の出店リサーチ・店舗コンセプトの企画立案
/都市・消費・世代に関するマーケティング情報収集と分析
■現ハイライフ研究所主任研究員・クレディセゾンアドバイザリースタッフ
■元「アクロス」編集長(パルコ)/著書「百万人の時代」(高木書房)ほか


■都市生活者とサービス化社会
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=156

【データベース】 都市の鍼治療 No.96~No.100

「都市の鍼治療」データベース

 クリチバのジャイメ・レルネル元市長は、都市が抱える問題を手っ取り早く解決するべき方法論として「都市の鍼治療」を提唱しています。

 多くの課題に直面する都市は、さながら病人のようです。そして、都市の鍼治療とは、その都市の病を根本的に治すことは難しいけれども、効果的に「鍼療法のように治す」ことは可能であるという考え方にもとづいた方法論です。

 本データベースは、このレルネル元市長の「都市の鍼治療」という考えにのっとり、内外の「都市の鍼治療」事例をシリーズで紹介していきます。


鍼アイコン096 カルチャーセンター・ディーポ、ドルトムント
086 セオドア・シュトローム通りの減築プロジェクト(Dismantling Project of Theodor Strom Strasse)

歴史的建築物を保全しただけでなく、新たな雇用を創出し、また新しい芸術・工芸センターをドルトムントに供給することになったが、極めてコミュニティにとって価値のあったことは、ここが公共広場として機能することで、コミュニティの紐帯を強化する役割を果たしたことである。

鍼アイコン097 シュテルヴェルク60
087 郡上八幡の空き家プロジェクト

ドイツではこの5年ぐらいで、カーフリー住宅(オートフライ・ヴォーヌング)という新しいライフスタイルが注目されている。広く知られているのはフライブルクの郊外につくられたファウバーンであるが、ここシュテルヴェルク60の方が、コンセプト的には徹底した街づくりが為されている。

鍼アイコン098 あさひかわ北彩都ガーデン
088 ジズコフ駅(Zizkov Station)の再生プロジェクト

駅舎や広場といった人工物が忠別川に代表される自然と対峙するのではなく、一体的な空間となるように、その推移がグラデーションとなるように意識した空間デザインが為されている。日本人の都市空間デザインの質の高さを証明するような素場らしい事例であると考えられる。

鍼アイコン099 旭川駅
089 ヴィレッジ・ホームズ

新しい旭川駅は、他都市の駅に見られるような商業利用をメインとするものではなく、公共的な利用がされることを優先した。そして、駅に設置される公共施設は、情報発信の場でもあり、交流の場でもあるような広義としての広場として機能することが強く意識された。

鍼アイコン100 先斗町の景観形成
090 デッサウ「赤い糸」

先斗町(ぽんとちょう)は京都市中京区、河原町駅から北にある鴨川と高津川に挟まれた南北に延びる花街である。細長い石畳の道は幅が2メートルちょっとしかなく、そのヒューマン・スケールで、江戸時代から引き継がれる街並みの都市空間は内外の観光客を大いに魅了させる。

 

取材・構成
服部圭郎 明治学院大学経済学部教授

制作・配信
公益財団法人ハイライフ研究所

■都市の鍼治療 データベース
http://www.hilife.or.jp/cities

【連載】 第6回 シングル(単身)ライフ優勢エリアと地域のサービス業の相関を見る|都市生活者とサービス化社会

第6回 シングル(単身)ライフ優勢エリアと地域のサービス業の相関を見る

 日本の人口が減少する中、日本の世帯は単独世帯が増え、夫婦と子供からなる世帯は減少を続けている。

 世帯の細分化が進んでおり、地域社会では「縮退する“核家族”と、増殖する“分散家族”の共存」という事態が顕在化している。本レポートの主テーマである地域のサービス業も地域の世帯構成の変化の影響を被っている。

 主テーマであるサービス業の盛衰を長期的に見ると、高度経済成長時代は、核家族世帯をベースに成長してきており、ファミリー対象のサービス業(消費や生活の安心安全提供のサービス業)が次々誕生した。1980、1990年代になると、個人向けサービス業〈利便性や快適性提供の分野〉が成長していった。

 そして、2000年代以降は、例えば、共働き世帯、夫婦二人世帯、単身世帯など多様な世帯対象のサービス業が求められるようになってきている。 サービス業の地域における供給状況と都市生活の新たな動きとは大きな相関があるという仮説を立て、本分析を行ってきているが、前回は、地域の「年齢別人口構造」の変化に注目し、それぞれのエリアごとのサービス事業の分布や供給力を分析した。今回は、最近話題となっている中高年の一人暮らし、未婚女性一人暮らしに注目し、シングルライフが進展しているエリアとまだ進展していないエリアとそのグループエリアに存在するサービス業との相関を都市の魅力という視点に立ってレポートしてみた。

 現在の都市圏各エリアでは、地域対応の生活サービス事業の供給実態はまだよく認識されていない。生活に不可欠なサービス事業(物販・飲食・各種サービスなど)は、どの程度供給されているのだろうか。


執筆者 マーケット・プレイス・オフィス代表  立澤芳男(たつざわよしお)
■流通系企業の出店リサーチ・店舗コンセプトの企画立案
/都市・消費・世代に関するマーケティング情報収集と分析
■現ハイライフ研究所主任研究員・クレディセゾンアドバイザリースタッフ
■元「アクロス」編集長(パルコ)/著書「百万人の時代」(高木書房)ほか


■都市生活者とサービス化社会
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=156

【研究報告】東京10km~ 20km圏、その魅力。 “ 生き続けられるまちとは?
Phase2 都市の魅力を構成する要素とは?

 

■研究背景
 ハイライフ研究所は「都市生活者のよりよい生活の実現への貢献」を理念とした研究財団で、本年度で設立22年を迎えます。設立以来、都市生活者を見つめながらさまざまな調査・研究をしてまいりました。
 近年、多くの都市が高齢化と少子化を伴いながら人口減少の時代を迎え、経済の停滞、所得・雇用の低下と相まって社会構造そのものが大きく変化している環境において、当財団では、「持続可能な都市居住の実現に向けた知見の獲得、社会との共有」を事業目的に据え、調査・研究を実施しその成果を配信しております。
 平均寿命の伸びや出生率の低下により、少子高齢化が急速に進み、現在、人口増加している東京都も2020年には人口1335万人をピークに減少の一途を辿ると言われています。また、2025年には団塊世代が後期高齢者年齢を迎え超高齢化の時代が始まり、一方、年間死亡者数も160万人に達します。それに加え、結婚しない団塊Jr. と雇用不安による未婚率の上昇による単身者の急増は、これまでの都市やまちの姿を変えていくに違いありません。これまでの家族を核に据えたロールモデルは通用しなくなり、都市やまちに求められる機能や要素も大きく変わっていくことが予想されます。

■研究テーマ
 少子高齢化、人口減少がすでに兆候として現出している中、東京10km ~ 20km のドーナツ圏には、依然として元気なまち、活性化しているまちが数多く存在しています。(*人口・世帯数、駅乗降客数、商業統計、等から)このエリアにフォーカスをあてて、都市の魅力を構成する要素を解明していきます。
 本研究は2014年度と2015年度の2年間に亘る研究であり、2014年度はPHASE1 として「仮説の抽出」(2014年度研究報告)、2015年度はPHASE2 として「仮説の検証」を行ないました。

■研究体制
◆研究幹事
櫻井隆治(公益財団法人ハイライフ研究所 代表理事 副理事長)

◆研究リーダー
服部圭郎(明治学院大学 経済学部教授)

◆研究員
榎本元(株式会社読売広告社 都市生活研究所 執行役員)
高木克昌(タカギセイコープランニングオフィス 代表)
谷口明美(公益財団法人ハイライフ研究所 研究員)
生方純一(公益財団法人ハイライフ研究所 事務局長)

◆研究協力
立澤芳男 氏(マーケット・プレイス・オフィス代表)
三浦展 氏(株式会社カルチャースタディーズ研究所 代表)
水嶋敦 氏(自由学園最高学部 特任教授)

■目次
第1章 研究概要
公益財団法人ハイライフ研究所 専務理事
櫻井隆治

1. 研究背景
2. 研究テーマ
3. 研究プロセス
4. PHASE1 中間報告(概要)
5. 研究体制

第2章 都市(街)探訪レポート

マーケット・プレイス・オフィス 代表
立澤芳男

1. レポートにあたって
2. 9 エリアの都市(街)探訪レポート
3. 総括

第3章 デ ータから見た都市の魅力を構成する要素
公益財団法人ハイライフ研究所 専務理事
櫻井隆治

タカギセイコープランニングオフィス代表
高木克昌

第4章 都市酵母探検隊レポート分析

明治学院大学 経済学部教授
服部圭郎

第5章 都市酵母探検隊グループインタビュー
公益財団法人ハイライフ研究所 研究員
谷口明美

第6章 ま ちのエキスパートヒアリング
カルチャースタディーズ研究所代表
三浦展

自由学園 最高学部特任教授
水嶋敦

第7章 結論
明治学院大学 経済学部教授
服部圭郎


■2015年度研究報告
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?p=13284

【連載】 第5回 多様化する世帯と地域のサービス業の相関を見る|都市生活者とサービス化社会

第5回 多様化する世帯と地域のサービス業の相関を見る

 日本の人口が減少する中、日本の世帯は単独世帯が増え、夫婦と子供からなる世帯は減少をし続けている。世帯の細分化が進んでおり、地域社会では「縮退する“核家族”と、増殖する“分散家族”の共存」という事態が顕在化している。本レポートの主テーマである地域のサービス業も、地域の世帯構成の変化の影響を被っている。

 主テーマであるサービス業の盛衰を長期的に見ると、高度経済成長時代は、核家族世帯をベースに成長してきており、ファミリー対象のサービス業(消費や生活の安心安全提供のサービス業)が次々誕生した。1980、90年代になると、個人向けサービス業〈便利性や快適性提供の分野〉が成長していった。そして、2000年代以降は、例えば、共働き世帯、夫婦二人世帯、単身世帯など多様な世帯対象のサービス業が求められるようになってきている。
現在の都市圏各エリアでは、地域対応の生活サービス事業の供給実態は、まだよく認識されていない。生活に不可欠なサービス事業(物販・飲食・各種サービスなど)は、どの程度供給されているのだろうか。

 サービス業の地域における供給状況と都市生活の新たな動きとは大きな相関があるという仮説を立て、本分析を行ってきているが、前回は、東京都内各地で課題となりつつある高齢化が進むエリアや、子育て世代の多いエリア、働き手が多く居住するエリアなど、様々なエリアが顕在し始めている中、地域の「年齢別人口構造」の変化に注目し、それぞれのエリアごとのサービス事業の分布や供給力を分析した。
今回は、人口数に応じて提供されてきたサービス業を、細分化され多様化する世帯に注目し、見直してみた。
 商業や各種サービス業など消費生活に欠かせない商売やビジネスのマーケティングにおいて、世帯からのきめ細かいセグメントが重要となるが、そのためには、東京都市各エリア(行政区)の世帯(家族)の多様化動向をチェックし、地域のサービス事業の特徴を確認する必要がある。


執筆者 マーケット・プレイス・オフィス代表  立澤芳男(たつざわよしお)
■流通系企業の出店リサーチ・店舗コンセプトの企画立案
/都市・消費・世代に関するマーケティング情報収集と分析
■現ハイライフ研究所主任研究員・クレディセゾンアドバイザリースタッフ
■元「アクロス」編集長(パルコ)/著書「百万人の時代」(高木書房)ほか


■都市生活者とサービス化社会
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=156

【データベース】 都市の鍼治療 No.91~No.95

「都市の鍼治療」データベース

 クリチバのジャイメ・レルネル元市長は、都市が抱える問題を手っ取り早く解決するべき方法論として「都市の鍼治療」を提唱しています。

 多くの課題に直面する都市は、さながら病人のようです。そして、都市の鍼治療とは、その都市の病を根本的に治すことは難しいけれども、効果的に「鍼療法のように治す」ことは可能であるという考え方にもとづいた方法論です。

 本データベースは、このレルネル元市長の「都市の鍼治療」という考えにのっとり、内外の「都市の鍼治療」事例をシリーズで紹介していきます。


鍼アイコン091 平和通買物公園
086 セオドア・シュトローム通りの減築プロジェクト(Dismantling Project of Theodor Strom Strasse)

平和通買物公園は、北海道の旭川市の駅前にある歩行者専用道路である。旭川市の旭川駅から8条通りまでの1キロメートルほど続く幅20メートルほどの歩行者空間は、日本の都市にはめずらしい歩行者のための広場、公共空間である。

鍼アイコン092 知識の灯台
087 郡上八幡の空き家プロジェクト

ブラジルの都市クリチバは高原都市であり、海に面していない。しかし、街中には多くの灯台が存在している。これは、「知識の灯台」とよばれる子供向けの小さな図書館なのだ。

鍼アイコン093 ハバナの都市有機農業
088 ジズコフ駅(Zizkov Station)の再生プロジェクト

キューバの首都ハバナは人口220万ほどの巨大都市であるが、国をあげて都市農業を支援している。その支援が開始されたのは1990年代。ソ連が崩壊して、さらにアメリカの経済封鎖が強化されたために、経済的な苦境にたたされたキューバは、圧倒的な物資不足・食糧不足に対応するために都市を開墾することにしたのである。しかも農薬や化学肥料も手に入らなかったために、有機農業である。

鍼アイコン094 マデロ・ストリート Madero Street
089 ヴィレッジ・ホームズ

マデロ・ストリート、別名フランシスコ・I・マデロ・アベニューはメキシコ・シティの歴史地区をソカロからエジェ・セントラルまで東西に結ぶ700メートルの歩行者専用道路である。マデロ・ストリートは、アステカの首都であるテノチティトランに最初にスペイン人によってつくられた通りであり、植民地時代も最も賑わいがある通りであった。また、この道のメキシコ・シティにおける地理的・文化的中心性は、多くの重要な建築物を沿道に立地させることになる。

鍼アイコン095 メキシコ・シティ・メトロバス(BRT)
090 デッサウ「赤い糸」

メキシコ・シティ・メトロバスは、バス・ラピッド・トランジット、通称BRTとよばれる交通システムである。2005年に開業し、2013年までには5本の路線が完成し、それまでは非常に使い勝手の悪かったメキシコ・シティのバス・システムを大きく改善させることに成功した。

 

取材・構成
服部圭郎 明治学院大学経済学部教授

制作・配信
公益財団法人ハイライフ研究所

■都市の鍼治療 データベース
http://www.hilife.or.jp/cities

すべて見る

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30