NEWS

【新連載】 第1回 産業分類表から見る都市生活サービス事業|都市生活者とサービス化社会

第1回 産業分類表から見る都市生活サービス事業
東京都特別区23区の事業所

東京都市圏の人口は戦後急増し、日本の高度経済成長期の1960年代,70年代に減り続けた。しかし、1990年頃から都心部を中心に人口回帰現象が起こり、東京の人口は再び増え、増加エリアは都心3区から都心周辺の区部に広がっていった。その結果、一時沈滞化していた東京10㌔圏前後にある街(準都心エリア)が活気を取り戻し、職住近接の居住地として再び脚光を浴びた。2010年以降は人口回帰現象が一段落し、準都心エリアの人口は単身居住者増を伴いつつ、少子化と高齢化が顕在化しはじめた。そして十数年後の2030年の東京の人口は、一部の行政区を除き「高齢化というマンモス都市」になるという。急速に進行する人口減や高齢化に対し東京都市圏の地域社会はどう対応すればよいのか。 

しかし、現在の都市圏各エリアでは、少子高齢社会を前にして地域対応の生活サービス事業の供給実態が、まだよく認識されていない。最近になって老人ホーム、保育園などの本質的な問題が急浮上している。生活に密着し生活に不可欠なサービス事業(物販・飲食・各種サービス等)は、どの程度供給されているのか。 

少子高齢化、男女共同参画、健康意識の高まり、単身世帯の増加など、社会環境は大きく変化し、その中で暮らす生活者のニーズは様々な広がりを見せている。そのような多様なニーズに応える子育て、健康、生活支援などのサービスや、加えて、事業者の新分野進出支援、 サービスの提供者と生活者の需要供給マッチング支援などの育成・振興もチェックしておきたいサービス事業だ。 

生活者の多様なニーズは事業者にとってはビジネスチャンス。現在、生活者は巨大な需要を抱えたまま、高品質で安定したサービスを心待ちにしている。生活者の多様なニーズに耳を傾け、常に新しいニーズを探し続けることが事業者の新たなサービス開発に繋がり、生活者の生活満足度を向上させ、事業者にとっては新たなサービスの提供、そして雇用の創出。生活者にとっては生活満足度の向上となる。

今回のレポートでは、地域生活(東京都心、副都心、準都心の各行政区)において衣食住など基礎的な生活や便利で安心、安全な生活・快適な生活を提供する事業(小売業、飲食業、各種サービス業)の地域分布状況を「平成24年経済センサス統計・事業所統計」から確認する。


執筆者 マーケット・プレイス・オフィス代表  立澤芳男(たつざわよしお)
■流通系企業の出店リサーチ・店舗コンセプトの企画立案
/都市・消費・世代に関するマーケティング情報収集と分析
■現ハイライフ研究所主任研究員・クレディセゾンアドバイザリースタッフ
■元「アクロス」編集長(パルコ)/著書「百万人の時代」(高木書房)ほか


■都市生活者とサービス化社会
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=156

 

【告知】 第29回ハイライフセミナー 都市の魅力を構成する要素とは?

第29回ハイライフセミナー 都市の魅力を構成する要素とは?

第29回 ハイライフセミナー
都市の魅力を構成する要素とは?
PHASE2「東京10㎞~20㎞圏、その魅力。
生き続けられるまちとは?」 

◆開催趣旨
当財団では創設以来、「都市生活者のよりよい生活の実現」を目的に都市生活研究を行っています。都市生活とは、高度に産業化した社会での現代のライフスタイルと定義され、戦後わが国では、経済の発展と産業の高度化により都市機能が整備され、モノの普及も相まって豊かな生活が実現されてきました。しかしながら、生活環境と個人の二つの側面で『都市化』が進行し、めまぐるしく変化する現代の生活環境(経済環境の変化、社会構造の変化、超高齢社会)のなかで、「持続可能な都市居住」を考えるにあたり大きな問題がいくつも浮上してきています。 
このような厳しい環境変化の中で、今なお活性化しているまちが、東京10㎞~20㎞圏の“準都心エリア”に多数存在していることを注目し、2014年度から2年間に亘り研究を行ってきました。1年目は仮説の抽出のために、当該エリアのマーケティングデータの解析、生活者1,125人に対する調査、国内外の建築・都市計画・環境デザインに携わる著名人への取材を行ないました。

2015年度は仮説の検証のために、当該エリアに存在する代表的なまちを抽出し、それぞれのまちの地形・風土・歴史、交通網、居住者、産業基盤、商業施設、集客拠点などのマーケティングデータ分析を事前スタディとして行い、そして生活者1350人に対する意識調査、国勢調査データの分析を行ったうえで、フィールドワークチームを編成し踏査を行ない、まちの専門家による分析を施し、『都市の魅力を構成する要素』とは何なのかを解明いたしました。その研究成果の報告の一環として、セミナーを開催させていただきます。



◆日程: 2016年5月17日(火)
◆時間: 13:00~16:40(開場12:30)
◆会場: 東京国際フォーラム ガラス棟会議室 G701
◆料金: 無料(事前申込み・定員130名)
◆主催: 公益財団法人ハイライフ研究所
◆協力: 株式会社読売広告社 都市生活研究所
◆申込み・問合せ: このページ下のお申込みフォームからお申し込みください。

◆プログラム
主催者挨拶 櫻井隆治 / 公益財団法人ハイライフ研究所専務理事

<第1部 基調講演>
「人間の居る場所」
三浦 展 (カルチャースタディーズ研究所代表)

<第2部 研究報告>
「都市酵母探検隊・研究成果の報告」
服部圭郎 (明治学院大学経済学部教授)

<第3部 パネルディスカッション>
「都市の魅力とは」
パネリスト: 
水嶋 敦  (自由学園最高学部特任教授)
石田祐也 (建築家 一級建築士事務所ヌ―ブ) 
榎本 元 (株式会社 読売広告社 執行役員)
コーディネーター: 
服部圭郎 (明治学院大学経済学部教授)




■お申込み・お問合せは以下のリンク先のフォームよりお願い致します。
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?p=13170#form

東京10㎞~20㎞圏、その魅力。“生き続けられるまち”とは?(PHASE2)
まちのエキスパートヒアリング
都市の魅力を構成する要素はなにか?

第2回 水嶋 敦氏(自由学園最高学部特任教授)

まちのエキスパートヒアリング

公益財団法人ハイライフ研究所では
「東京10㎞~20㎞圏、その魅力。〝生き続けられるまちとは?〟」をテーマとして、
「都市の魅力を構成する要素はなにか?」を解明する研究を行ってきました。

今回はその一環として、東急沿線のまちづくり研究に携わってこられた水嶋 敦先生に、「マーケティング学者」のお立場から8つのエリアのうち東急線駅(自由が丘、三軒茶屋、蒲田、溝の口)の分析とブランド視点から都市の魅力についてお話しをうかがいます。 

当財団のこれまでの調査・研究において、
「都市の魅力要素とは酵母菌のようなもので、人を酵母菌として発酵され、作りだされていく」
また、魅力ある都市には「その酵母菌が発酵し、育つための場、即ち醸造所のような場所が必要である」
という仮説が導き出されました。

水嶋 敦先生が考える都市の酵母菌とは何か?
マーケティングの視点から、東急沿線4エリアの魅力を解き明かしていただきます。

お話:水嶋 敦氏(自由学園最高学部特任教授)
聞き手:櫻井隆治 公益財団法人ハイライフ研究所専務理事

水嶋 敦氏プロフィール
1956年新潟県生まれ、1979年武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、広告代理店でマーケティング業務および日本初の広域型商品購買情報収集システムの開発・運営に携わる。また、ブランド管理システムの開発を行いながらブランド・コンサルティング業務に携わる。2011年株式会社東急総合研究所主席研究員として、ブランド視点からのまちづくりの研究に関わる。2015年より自由学園最高学部(大学部)特任教授、マーケティングおよびライフスタイルを担当。 

共著に『ハイテク・マーケティング』(誠文堂新光社)、『中食2025-中食・惣菜産業の将来を展望する』(一般社団法人日本惣菜協会)など。公益社団法人日本マーケティング協会アカデミック・アドバイザー。

■まちのエキスパートヒアリング 都市の魅力を構成する要素はなにか?
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=155

【データベース】 都市の鍼治療 No.81~No.85

「都市の鍼治療」データベース

 クリチバのジャイメ・レルネル元市長は、都市が抱える問題を手っ取り早く解決するべき方法論として「都市の鍼治療」を提唱しています。

 多くの課題に直面する都市は、さながら病人のようです。そして、都市の鍼治療とは、その都市の病を根本的に治すことは難しいけれども、効果的に「鍼療法のように治す」ことは可能であるという考え方にもとづいた方法論です。

 本データベースは、このレルネル元市長の「都市の鍼治療」という考えにのっとり、内外の「都市の鍼治療」事例をシリーズで紹介していきます。


鍼アイコン081 フンデルトヴァッサー・ハウス
076 自転車ステーション ミュンスター

フンデルトヴァッサーのデザインは楽しく、その周辺、そして都市をわくわくさせる力を有している。直線を嫌う、その絵画的なデザインは、自然の造形からのインスピレーションにもとづき、そのカラフルな色彩はあたかも建築に生命を吹き込んでいるかのごとく映る。

鍼アイコン082 警固公園(けごこうえん)のリニューアル・デザイン
077 富山ライトレール

一年前、天神を訪れ、西鉄ソラリアの前のこの公園を発見して驚いた。日本にもまともな広場が存在することを知ったからである。それは、ポートランドのパイオニア・コートハウス・スクエアやゴスラーのマーケット・スクエアをも彷彿させる、ほぼ完璧な広場であった。

鍼アイコン083 明治学院大学の歴史建築物の保全
078 インナー・ハーバー

大学のキャンパスというのは、公共空間ではない。しかし、多くの人が公共空間のような意識で活用していたりもする興味深い空間である。景観を公共財として捉えれば、これら創立時以来の歴史建築物を明治学院大学が保全したことによって、この周辺の街並みも良質な景観を確保することができた。

鍼アイコン084 ランブラス (Les Rambles)
079 自由が丘の九品仏川緑道のベンチ

ランブラスは歩行者が安全に時間を過ごすことができる空間となっている。そこは、レルネル氏が指摘するように、また人々が出会い、交流する場である。バルセロナの都市らしさを凝縮した空間であり、都市としてのバルセロナのまさにツボとでもいえるような空間であると思われる。

鍼アイコン085 マグデブルクの「緑の砦」
080 富山グランドプラザ

ジャイメ・レルネル氏は天才を巧みに都市づくりに活用すべきだと指摘する。あまり天才に恵まれていないマグデブルクもフンデルトワッサーが足跡を残してくれたおかげで、新たな都市のイコンが創造され、都市の貴重な宝物が付け加えられたのである。

 

取材・構成
服部圭郎 明治学院大学経済学部教授

制作・配信
公益財団法人ハイライフ研究所

■都市の鍼治療 データベース
http://www.hilife.or.jp/cities

 

平成28年度「都市研究」メールマガジンについてお知らせ

平成28年度「都市研究」メールマガジンについてお知らせ

<<今年度の都市研究の趣旨>>

 21世紀に入ってから15年。現在の東京は2020年の東京オリンピック開催を控え、歴史的な転換期を向かえている。一つはオリンピック開催国として、国際都市としての実力が問われる都市の器(インフラ)づくりが始まったこと。もう一つは、2015年の国勢調査では、日本が人口減少社会突入したことが確認されたが、今後10年間で、ほとんどの行政区で少子高齢社会・単身者世帯社会へと大きく転じることである。

 東京の居住中心の各エリア(都心・副都心区部を除く15行政区=準都心)は既に人口密度も高く成熟したともいえるが、今後の本格的な高齢社会の中で各エリアが持続的な成長ができるのか、地域居住者が快適な生活を維持できるのか、喫緊の課題が浮上してきている。
課題解決に取り組むためには、都市生活にとって必要不可欠なサービス業は、どんな事業なのかを確認整理し、その上で、各エリアにおける生活ニーズと現状の地域サービス事業との「需給ギャップ」をチェックする必要がある。

 その整理結果をもとに、今後の東京準都心エリアが高齢化する中で、成長を支え快適な生活をするために不可欠な地域サービス事業は何なのかを探る。今後のエリアの地域人口や経済構造の変化を踏まえ、東京の居住中心地域(エリア=準都心)における『生活者行動』と『生活系サービス事業』の需給関係を検証する。

執筆者 マーケット・プレイス・オフィス代表  立澤芳男(たつざわよしお)
■流通系企業の出店リサーチ・店舗コンセプトの企画立案
/都市・消費・世代に関するマーケティング情報収集と分析
■現ハイライフ研究所主任研究員・クレディセゾンアドバイザリースタッフ
■元「アクロス」編集長(パルコ)/著書「百万人の時代」(高木書房)ほか

 

今年度の都市研究の趣旨レポート全文は以下のPDFでお読みいただけます。

 平成28年度「都市研究」メールマガジンについて

東京10㎞~20㎞圏、その魅力。“生き続けられるまち”とは?(PHASE2)
まちのエキスパートヒアリング
都市の魅力を構成する要素はなにか?

まちのエキスパートヒアリング

2015年の研究テーマである、「東京10㎞~20㎞圏、その魅力。“生き続けられるまち”とは?(PHASE2)」では、当該ゾーンに位置する活性化しているまちを8エリア(自由が丘、三軒茶屋、北千住、中野、赤羽、下北沢、蒲田、溝の口)抽出し、フィールドワークチームを編成し踏査を行なってきました。さらに今回、都市の専門家お二人に対して取材を行ないました。お一人は、カルチャースタディーズ研究所代表の三浦展先生、もうお一方は、自由学園最高学部特任教授の水嶋敦先生です。
三浦展先生は「社会デザイン研究者」のお立場から8つのエリアの分析とともに都市の魅力に関してお話しをしていただきました。
水嶋敦先生は、東急総合研究所主席研究員として東急沿線のまちづくり研究に携わってこられましたので、「マーケティング学者」のお立場から8つのエリアのうち東急線駅についての分析とブランド視点から都市の魅力についてのお話しをしていただきました。
その取材内容を4月・5月の2回に亘り動画配信いたします。

1回目:三浦展先生(取材日:2016年3月16日)
2回目:水嶋敦先生(取材日:2016年3月24日)

(プロフィール)
三浦 展 先生  (カルチャースタディーズ研究所代表)
1982年一橋大学社会学部卒業。(株)パルコ入社。マーケティング情報誌『アクロス』編集室勤務。1986年同誌編集長。1990年三菱総合研究所入社。1999年 「カルチャースタディーズ研究所」設立。 消費社会、家族、若者、階層、都市などの研究を踏まえ、新しい時代を予測し、社会デザインを提案している。
著書に『下流社会』『第四の消費』『東京は郊外から消えていく!』『郊外・原発・家族』『家族と幸福の戦後史』『これからの日本のためにシェアの話をしよう』『新東京風景論』『ファスト風土化する日本』『吉祥寺スタイル』『高円寺 東京新女子街』『東京高級住宅地探訪』他多数。近著に『人間の居る場所』『下流老人と幸福老人』。

水嶋 敦 先生  (自由学園 最高学部特任教授)
1956年新潟県生まれ、1979年武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、広告代理店でマーケティング業務および日本初の広域型商品購買情報収集システムの開発・運営に携わる。また、ブランド管理システムの開発を行いながらブランド・コンサルティング業務に携わる。年2011年株式会社東急総合研究所主席研究員として、ブランド視点からのまちづくりの研究に関わる。2015年より自由学園最高学部(大学部)特任教授、マーケティングおよびライフスタイルを担当。
共著に『ハイテク・マーケティング』(誠文堂新光社)、『中食2025-中食・惣菜産業の将来を展望する』(一般社団法人日本惣菜協会)など。公益社団法人日本マーケティング協会アカデミック・アドバイザー。

■まちのエキスパートヒアリング 都市の魅力を構成する要素はなにか?
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=155

すべて見る

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30