NEWS

【連載】第九回 若者の将来推定人口-2040年-|現代若者考・レポート

第九回 若者の将来推定人口-2040年-

総人口の減少が続く中、更なる高齢化と若者の人口減が顕著に

平成最後の年末を迎える今年の師走。
日本の経済は、2012年12月に始まった景気回復が今年12月で73カ月目を迎え戦後最長期間に並ぶと言う。そして年末恒例の次年度(2019年度)予算案が発表され、一般会計の歳出総額は、101兆4,564億円で当初予算で初めて100兆円を突破した。加えて有効求人倍率は44年ぶりの高水準という人手不足。景気のよい話が飛び交うが、クリスマス前後の日経平均株価はまさかの年初来安値となり、節目の2万円を割り込んだ。消費増税を来年10月に控え、来年はどうなるのか期待と不安が錯綜する。ともあれ今月で平成30年を終え平成の時代の幕が下ろされる。

そんなさ中、2018年の出生人口が最少の92.1万人、死亡数は136万人ということで人口自然減は最多の44.8万人という衝撃的な統計データ(人口動態調査)が飛び出した。出生人口の100万人割れは3年連続で1970年の第二次ベビーブームの200万人の半分以下であり、日本の社会が「多産少死」から「少産多死」の人口減少社会に大転換していることがわかる。
出生人口が100万人を切り、生産年齢人口は減少傾向に、そして老人化比率は高まるばかりの社会になった。将来推定人口もここ数十年間の人口変化トレンド(2000年以降の若者人口の減少が進行)に合わせて推定されており。人口減社会と少子高齢化は続くという予測(国立社会保障人口問題研究所2017年推定)となっている。

日本の人口問題を見ると、1992年度の国民生活白書で「少子化」という言葉が使われ。1995年に生産年齢人口(15-64歳)が最高値(8,717万人)、1998年に労働力人口が最高値(6,793万人)を記録し1999年以降、減少過程に入ったことである。
これらの問題は人口構造の変化につながっているが、変化の底流には「若者人口の急激な減少」がある。
未来社会の明暗は、次の世代を生み出す現在の若者にゆだねられているが、若者たちの現況を見ると、未婚化により子どもを持たない者が増え、晩婚化等により結婚した夫婦が持つ子供の数が減少する傾向にあり、出生人口を100万人の大台に戻すことも難しくなっている。

若者人口はこの20年間減少を続けており、2015年に1,200万人であった20歳代の若者は、推定によると2040年には1,000万人となっている。日本全体で20歳代だけでも200万人が減少するが、長い間、若者離れが課題となっていた地方都市への影響は想像以上に深刻だ。極端な話をすれば、50年後には都市消滅ということも考えなければならない。

今回のレポートは2040年の人口予測を見るが、主たる出産世代の20,30歳代に焦点を当てながら、都道府県別の若者世代の人口予測を見てゆく。

 

執筆者 マーケット・プレイス・オフィス代表  立澤芳男(たつざわよしお)
■流通系企業の出店リサーチ・店舗コンセプトの企画立案
/都市・消費・世代に関するマーケティング情報収集と分析
■現ハイライフ研究所主任研究員
■元「アクロス」編集長(パルコ)/著書「百万人の時代」(高木書房)ほか

 

■第九回 若者の将来推定人口-2040年-
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?p=14566

 

■現代若者考・レポート
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=167

【連載】 第7回 「楽しみの時層」 n=1の世界② 次世代シニア・男性編|次世代シニア 楽しみの時層

第7回 「楽しみの時層」 n=1の世界②|次世代シニア・男性編

次世代シニア 楽しみの時層

第7回 「楽しみの時層」 n=1の世界②
次世代シニア・男性編


公益財団法人ハイライフ研究所では、平成二十八年、次世代高齢者研究報告の一環として50代から70代前半(昭和16年~昭和40年生まれ)の男女を対象に生活行動、生活意識調査を実施、その調査結果に研究員の視点を交え「次世代シニアと現在形シニア、その意識と行動」と題したコラムを連載してまいりました。

その続編ともいえる今回のシリーズは、同調査で自由回答形式にて収集した「人生の各時期の楽しみの生活史」を「時層」と名づけた上で、次世代シニアにみる「世代の共通体験や個人史」に焦点を当てそこから培われた価値観や幸福感を探ってまいります。2020年を過ぎる頃から高齢者の仲間入りする次世代シニアの「時層」から浮かび上がる現在形シニアとの違いにも注目してまいりたいと思います。

次世代シニアと現在形シニアの定義
①次世代シニア
1956年~1965年生まれ(調査時51~60歳)
②現在形シニア
1941年~1950年生まれ(調査時66~75歳)

第一回から第五回まで、次世代高齢者調査の自由回答を元に「エンタメ」「趣味とスポーツ・旅行」「食べ物・飲み物・飲食店」「街と店・飲食店」「ファッション」を通じて「楽しみの時層」を辿ってまいりました。第六回からは「楽しみの時層」と次世代高齢者調査で得た現在(調査時点)の「生活意識」を掛け合わせて、次世代シニアの気持ちに迫りたいと思います。題して「楽しみの時層・n=1の世界」n=1は調査標本=1を意味します。

執筆者:主任研究員 福與宜治


第7回レポート全文は以下のリンク先からご覧いただけます。
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?p=14538#pdf

□次世代シニア 楽しみの時層
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=168

【連載】第八回 若者人口地域分布(都市と地方)編|現代若者考・レポート

第八回 若者人口地域分布(都市と地方)編

「若者の地域分布(都道府県)」編

今国会で「深刻な人手不足」の解消ということで外国人労働者の受け入れを広げる出入国管理法改正案を巡りもめにもめている。その大きな背景には日本の労働人口不足を促す「人口減少社会」というキーワードがある。国立社会保障・人口問題研究所の人口予測(今年3月30日発表)では2030年にはすべての都道府県で人口が減少し、2045年までに日本の総人口は1億642万人になると予想する。2015年の総人口が1億2709万人であったから、今後30年で2000万人以上減少することになる。とりわけ、ひどい落ち込み方をするのは都市部より地方で3割減が当たり前と見込まれている。しかも社会や経済の中核をなす「生産年齢人口」の比率は2030年には51.4%に落ち込み、現在(2015年)の60.7%を大きく下回る。働ける人が2人に1人の時代に入るということだ。「外国人労働者の雇い入れ」しか日本の生産力を増やす方法はないのだろうか?

将来予測だけでなく、現実に日本は8年連続で総人口が減少する中、生産年齢人口の減少も続いており、日本の超少子高齢社会が進むが、忘れ勝ちになっているのが「若者の人口動向」である。

日本の若者(15~34歳)の人口数は、1970年に約3,600万人、2010年に約3,200万人だったものが、2060年にはその半分以下の約1,500万人になると推計され、若者人口の総人口に占める割合を見ると、1970年の35.0%(約3人に1人)から2010年にはすでに25.1%(約4人に1人)へと減少する。

若者人口比率のピークは、実に今から半世紀前の1970年の35%が記録されている。

生産年齢人口の中核を成す若者の人口の大幅減少は日本の国力が衰退する原因となる。しかも特に地方における若者人口減少は地域経済に大きな打撃を与えるだけでなく、超少子高齢化をさらに促すのである。

今回のレポートは、日本における各地域の若者の人口動向に注目し、若者の地域分布の今昔や若者が増え続ける地域と減じる地域の実態を追う。

 

執筆者 マーケット・プレイス・オフィス代表  立澤芳男(たつざわよしお)
■流通系企業の出店リサーチ・店舗コンセプトの企画立案
/都市・消費・世代に関するマーケティング情報収集と分析
■現ハイライフ研究所主任研究員
■元「アクロス」編集長(パルコ)/著書「百万人の時代」(高木書房)ほか

 

■第八回 若者人口地域分布(都市と地方)編
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?p=14514

 

■現代若者考・レポート
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=167

第30回ハイライフセミナー「超高齢社会の生き方のヒント」動画・講演録アップしました

 2018年3月に実施しました第30回ハイライフセミナーの動画と議事録をアップ致しました。

 超高齢社会である日本。特に人口のボリュームゾーンである団塊の世代の高齢化とともに、様々な問題・社会不安といった情報を目にすることが多くなっています。個人のレベルにおきましては「健康寿命」という言葉に象徴される課題に注目が集まっています。

 ところが、一般的に超高齢社会に関する研究や取り組みが紹介されることは少なく、中々考えるきっかけがありません。

 そこで本セミナーにおいては、高齢者に関する研究や取り組みを紹介することで、何らかのヒントが得られる機会を提供し、広く公益に繋げたいと考えました。

 今回の登壇者は、全く異なる立場から研究を行っております。今機会を通じて是非多くの方に知っていただき、引き続き注目していただけますことを期待したいと考えております。

■「超高齢社会の生き方のヒント」講演録

【連載】 第6回 「楽しみの時層」 n=1の世界①|次世代シニア 楽しみの時層

第4回 街と店、施設で辿る「楽しみの時層」|次世代シニア 楽しみの時層

次世代シニア 楽しみの時層

第6回 「楽しみの時層」 n=1の世界①

公益財団法人ハイライフ研究所では、平成二十八年、次世代高齢者研究報告の一環として50代から70代前半(昭和16年~昭和40年生まれ)の男女を対象に生活行動、生活意識調査を実施、その調査結果に研究員の視点を交え「次世代シニアと現在形シニア、その意識と行動」と題したコラムを連載してまいりました。

その続編ともいえる今回のシリーズは、同調査で自由回答形式にて収集した「人生の各時期の楽しみの生活史」を「時層」と名づけた上で、次世代シニアにみる「世代の共通体験や個人史」に焦点を当てそこから培われた価値観や幸福感を探ってまいります。2020年を過ぎる頃から高齢者の仲間入りする次世代シニアの「時層」から浮かび上がる現在形シニアとの違いにも注目してまいりたいと思います。

次世代シニアと現在形シニアの定義
①次世代シニア
1956年~1965年生まれ(調査時51~60歳)
②現在形シニア
1941年~1950年生まれ(調査時66~75歳)

第一回から第五回まで、次世代高齢者調査の自由回答を元に「エンタメ」「趣味とスポーツ・旅行」「食べ物・飲み物・飲食店」「街と店・飲食店」「ファッション」を通じて「楽しみの時層」を辿ってまいりました。第六回からは「楽しみの時層」と次世代高齢者調査で得た現在(調査時点)の「生活意識」を掛け合わせて、次世代シニアの気持ちに迫りたいと思います。題して「楽しみの時層・n=1の世界」n=1は調査標本=1を意味します。

執筆者:主任研究員 福與宜治


第6回レポート全文は以下のリンク先からご覧いただけます。
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?p=14443#pdf

□次世代シニア 楽しみの時層
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?cat=168

【データベース】 都市の鍼治療 No.156~No.160

「都市の鍼治療」データベース

 クリチバのジャイメ・レルネル元市長は、都市が抱える問題を手っ取り早く解決するべき方法論として「都市の鍼治療」を提唱しています。

 多くの課題に直面する都市は、さながら病人のようです。そして、都市の鍼治療とは、その都市の病を根本的に治すことは難しいけれども、効果的に「鍼療法のように治す」ことは可能であるという考え方にもとづいた方法論です。

 本データベースは、このレルネル元市長の「都市の鍼治療」という考えにのっとり、内外の「都市の鍼治療」事例をシリーズで紹介していきます。


鍼アイコン156 新栄テラス
156 新栄テラス

新栄テラスは福井市の福井駅西側の中心市街地にある商業集積地区における暫定的な駐車場活用広場である。来訪者のアンケート調査では新栄テラスによって「まちなかのイメージがよくなった」と回答した人が86%あったことや、それまでこの地区に来なかったような若い世代の人達が多く来るようになったことも分かった。

鍼アイコン157 バー・マネコ
157 バー・マネコ

多様な人が生活する都市において、お互いにざっくばらんに議論できる場を有していることは、人々のニーズをしっかりと掴んだ都市政策を展開させていくうえでは必要不可欠であろう。クリチバ市の都市政策がなぜ、レルネル氏が市長を務めていた時、あのように上手く遂行されたのか。その理由の一つが、このマネコであるのではないだろうか。

鍼アイコン158 ベルリン市立ユダヤ博物館
158 ベルリン市立ユダヤ博物館

ベルリン市立ユダヤ博物館は、4世紀から現在に至るまでのドイツにおけるユダヤ人の社会、政治、文化的な歴史を展示している。 それは、ドイツにおけるホロコーストという悲惨な歴史的事実を経て、それらをこれまでのドイツにおけるユダヤ人の歴史の文脈の中で位置づけ、展示することも意図している。訪れるものに強烈な印象を残さずにはおられないが、それを踏まえて、未来に前進しようという肯定的なエネルギーのようなものを与えてくれる。

鍼アイコン159 聖母教会の再建
159 聖母教会の再建

聖母教会は「バロックの真珠」と形容される素晴らしいバロックの建築群の中でも、その優雅で華やかなシルエットは一際目立っている。復元された聖母教会は、その優雅さを湛えつつも、オリジナルの瓦礫である暗い石と、新たに使われた明るい砂岩の石との対比は、歴史の傷跡を観る者に強烈に訴えかける圧倒的な存在感を纏っている。

鍼アイコン160 ザリネ34
160 ザリネ34

人口縮小は地域に大きなダメージを与える。まず、活力が削がれていき、状況を変更させるエネルギーとなる投資をしてくれる人もいなくなる。そして、空き家が増え、街並みはさらに寂れた感じになり、縮小を加速化させていくといったマイナスのサイクルが繰り返されていく。ザリネ34は、このマイナスのサイクルの回転を止めるために空き家に注目した。そして、この空き家に創造的なポテンシャルを有している若者達の居場所を提供することにした。

 

取材・構成
服部圭郎 龍谷大学政策学部教授

制作・配信
公益財団法人ハイライフ研究所

■都市の鍼治療 データベース
http://www.hilife.or.jp/cities

すべて見る

公益財団法人ハイライフ研究所

アクセスランキング ベスト30