スウェーデンの若者の政治参加

スウェーデンの若者の政治参加

スウェーデンの若者の政治参加

日本の選挙。投票率が伸びません。

特に若者の投票率の低さが際立っています。
前回の衆議院選挙では20歳代の投票率は37.89%。

一方で、60歳代は投票率74.93%。
20歳代の倍の投票率を記録し、しっかりと国政選挙に影響力を行使しています。

これでは政治家の顔が若者の方ではなく、年配者・高齢者の方を向くのも当然といえます。

一方でスウェーデンの若者の投票率が高いのに驚かされます。
前回2010年の総選挙では18歳ー29歳の投票率が79%を記録しています。

スウェーデンの若者はどうしてそんなに政治参加の意識が高いのでしょうか?

その理由をスウェーデン緑の党で活躍する若き政治家、ユーリ・シルヴァ氏(25歳)にたずねます。

また、スウェーデンで若者の政治参加を研究してきた、日本のふたりの若者にもお話を伺います。

シリーズ「スウェーデンに学ぶ、日本の再構築」。
今回のテーマは「スウェーデンの若者の政治参加」です。

(※Tips: 画面が小さいですか? 再生中に動画の右下隅部分をクリックすると、動画サイズを最大化することができます。)

■シリーズ「スウェーデンに学ぶ、日本の再構築」
<スウェーデンの若者の政治参加>

出演: ユーリ・シルヴァ、小串聡彦、両角達平

取材・構成: 熊倉次郎(「スウェーデンに学ぶ、日本の再構築」取材班)
制作統括: 萩原宏人(公益財団法人ハイライフ研究所)

◆本映像をご覧になる方へ:

関連映像として以下の番組もあわせてご覧になると、スウェーデンにおける市民生活と政治、選挙の実際をより詳しくご理解いただけます。

「スウェーデンの市民生活と政治」
http://www.hilife.or.jp/wordpress/?p=6137