ホーム | 研究報告書 | ハイライフ研究 | 刊行書籍 | セミナー&シンポジウム | リンク集 | ハイライフ研究所について | ご利用規約
研究報告[映像版] | 持続可能な社会へ―環境テーマへの取組み | 動画視聴について

2006年度 ハイライフ研究所研究報告

都市の価値をはかる

本書の内容は、PDFファイルで用意しております。Acrobat Readerをインストールした上で、ご覧になってください。

本報告書はプリント可能なPDF形式ファイルです。

報告書(既刊物)をご希望の方は、ハイライフ研究所までE-mailまたはFAXにてお問い合わせ下さい。(E-mail:info@hilife.or.jp/Fax:03-3563-7987)

都市の価値をはかる 目次

第1章 研究概要
1-1 研究の背景
1-2 研究の目的
1-3 研究の方法
1-3-1 フィールドサーベイの有効性
1-3-2 調査エリアの選定
1-3-3 調査の視点
1-4 研究体制

第2章 フィールドサーベイ
2-1 表参道
2-1-1 表参道の歴史
2-1-2 調査報告
2-1-3 表参道のまとめ
2-2 秋葉原
2-2-1 秋葉原の歴史
2-2-2 調査報告
2-2-3 秋葉原のまとめ
2-3 谷中
2-3-1 谷中の歴史
2-3-2 調査報告
2-3-3 谷中のまとめ
2-4 渋谷
2-4-1 渋谷の歴史
2-4-2 調査報告
2-4-3 渋谷のまとめ

第3章 調査結果の分析
3-1 本章の目的と構成
3-2 各視点からのまとめ
3-2-1 都市の景観価値
3-2-2 人=生活者の視点から都市を評価する
3-2-3 まちの分かりやすさと複雑さ
3-2-4 商業から見た魅力
3-3 街を語るキーワードの抽出と整理
3-4 街の魅力を構成する要因
3-5 分析のまとめ

第4章 まとめ
4-1 本年度のまとめ
4-2 来年度への課題

付録
A.研究者のプロフィール
B.街のデータ(人口、地価、商業統計など)



研究体制:
大野隆造 東京工業大学大学院総合理工学研究科教授
川上正倫 ワン・オー・ワンデザイン共同主宰/東京工業大学大学院総合理工学研究科特別研究員
辰己 渚 マーケティングプランナー
添田昌志 LLP人間環境デザイン研究所チーフリサーチャー
石垣 勤 有限会社ケンズデザインアソシエイツ代表/商空間デザイナー
財団法人ハイライフ研究所

(敬称略・肩書は当時のもの)




財団法人 ハイライフ研究所 ©1993-2008 Research Institute for High-Life All rights reserved.