072 イスラエル広場(南)

072 イスラエル広場(南)1

072 イスラエル広場(南)2
072 イスラエル広場(南)3
072 イスラエル広場(南)4
072 イスラエル広場(南)5
072 イスラエル広場(南)6
072 イスラエル広場(南)7


キーワード:

デンマーク ,公園 ,市民参加 ,都市公園 ,鍼レベル 中

鍼レベル:

ストーリー:

 イスラエル広場(南)はコペンハーゲンの中心部にある12,500㎡におよぶ公共広場である。ここは19世紀の半ばまでは要塞であったが、その後、北には道路を挟んで食品市場が立地したが、この部分は開発されずに放置されていた。南にはオルステッド公園が位置している。
 この土地を再利用するためのデザイン・コンペが2008年に開催され、地元の建築会社であるCOBEが選定される。その提案コンセプトは「地面に浮かぶ空飛ぶ絨毯」である。そして、この広場、というか絨毯は2つの世界を行き来する。都市と隣のオルステッド公園という世界を行き来するのだ。公園は、絨毯に刻印された幾つかのマークによって、広場に入り込む。例えば、南西に設置された角のベンチとして使える階段などがそうである。また、公園との境に近い場所ではより大きな樹木が植栽されるなどの工夫もなされている。
 そして、この「絨毯」にはザーレ小学校に隣接した場所にはソフト舗装から成る球技もできる楕円形のプレイグランドが設置されたのを始め、ストリート・スポーツを楽しめる様々な用具を導入し、また、ストリート・パフォーマンスが披露できるような場も提供されている。地下には駐車場がつくられており、そこにはこの広場からアクセスできるようになっている。また、水を通す浅い運河がデザイン的な工夫としてつくられている。この運河は、そのまま公園の湖に流れ込むようになっている。北東そして南西という対角線上の角には、ベンチとして使える階段が設置されており、これは日光浴をする場所や、広場でパフォーマンスが行われているときは観劇用の席としても応用できる。
 これらのデザイン的な工夫によって、この都心の空間に「出会いの機会」を提供しようとしているのである。同広場は2012年には工事が開始され、そして2014年末には完成した。

ロケーション:

都市の鍼治療としてのポイント:

 私は2014年と2015年に、このイスラエル広場(南)を訪問する機会を得た。2014年はまだ建設途上であったが、2015年には完成されていた。コペンハーゲンの公共空間における都市デザインの優秀さはヨーロッパでも傑出していると思われる。そのポイントは、市民のための空間としてベストである最適解を志向したことがもたらした成果であるということだ。
 イスラエル広場(南)はコペンハーゲンという一国の首都の都心部のすぐそばにある。例えば、これが日本であれば、東京はもちろんのこと、政令指定都市であっても、市民の利益を最優先に考えたプロジェクトではなく、経済的な点から最適解と思われるプロジェクトが志向されるであろう。その結果、短期的には経済的にはプラスになるかもしれないが、その果実は市民にはほとんど及ばない。そして、長期的にはオープニング効果等が喪失され、その公共投資に見合う効果が期待できなくなってしまうものが多い。
「公共空間」は、基本的に人々に還元する価値を創出する場である、という考えがコペンハーゲンでは共有されている。これは、ヨーロッパでも最初の歩行者専用空間の1つであるストロイエを整備した頃からの、ほぼ伝統芸のようになっており、さらに、コペンハーゲン的な人間中心の公共空間づくりは、広くヨーロッパ、さらには大西洋を越えてアメリカ合衆国でも影響がみられつつある。そのようなトレンドにあるため、このイスラエル広場をデザインしたCOBBや、Nord Architecture、B.I.Gなどの若手主体の建築事務所は国際的に広く活躍し、また、ヤン・ゲールを始めとしたデンマークの都市デザイナーは世界中の都市でコンサルティングを展開している。
 イスラエル広場の優れているのは、その「公共性」のデザインであり、この概念が極めて貧弱な日本においては、あまりにも刺激的なプロジェクトであるし、コペンハーゲンの都市の魅力を大いに高めた極めて秀でた「都市の鍼治療」事例であると考えられる。

事業主体:

コペンハーゲン市

事業主体の分類:

自治体

デザイナー、プランナー:

COBE

開業年:

2010年

類似事例:

037 スーパーキレン、コペンハーゲン(デンマーク)

・ ハウザー広場、コペンハーゲン(デンマーク)

036 バナンナ・パーク、コペンハーゲン(デンマーク)

040 グルドベーグ小学校、コペンハーゲン(デンマーク)
042 バターシー・スクエア、ロンドン(イングランド)
043 ラベット・パーク、ライプツィヒ(ドイツ)
・ イスラエル広場(北)、コペンハーゲン(デンマーク)

070 白金どんぐり公園、港区(東京都)
080 富山グランドプラザ(富山県)
082 警固公園(けごこうえん)のリニューアル・デザイン

このページのトップに戻る


ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。

国:デンマーク
州・県:デンマーク首都地域
市町村:コペンハーゲン市