写真家・富山治夫 世界の旅

旅を通じて人生を振り返るトーク番組

第5回 冬のシベリアへの旅

旅を通じて人生を考えるシリーズ「写真家・富山治夫 世界の旅」。

1971年冬、富山さんはシベリアへ飛び立った。

「世界で最も寒い場所で、人間はどんなふうに暮らしているのか。それが知りたかったんです」

氷点下50℃のヤクーツクは、真っ白なガスに包まれた世界。

「ウォッカをあおってですね、エイャっと外へ飛び出していくのですが、寒い。15分と撮影できません」

部屋に戻ると、カメラが瞬く間に白くなっていく。
レバーをまわすと、バリっという音がして、フィルムが裂けた。

1971年 シベリア|写真:富山治夫


お話と写真:
富山治夫

聞き手:
熊倉次郎 (リベラルアーツ総合研究所)
萩原宏人 (財団法人ハイライフ研究所)







制作・配信:財団法人ハイライフ研究所

ご意見・ご感想がございましたら、
お問い合わせページまたはinfo@hilife.or.jpよりお知らせください。
ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。