シャロン・ズーキン教授の解説による
ニューヨーク最新都市事情

第3回 新しい公共性

シャロン・ズーキン教授インタビュー|第3回 新しい公共性

ニューヨーク・ウォッチャーとして世界的に知られる社会学者、シャロン・ズーキン(米国ブルックリン大学教授)。今回の連載シリーズではズーキン教授による解説をもとに、マンハッタンの最新都市事情をお伝えしています。

ズーキン教授へのロングインタビュー。今回のテーマは「新しい公共性」。マンハッタンの随所に見られるコミュニティ・ガーデンの生い立ちと、最近、路上にくつろぎの空間を演出して話題となっているブロードウェイの変貌ぶりについて、お話をお聞きします。

「マンハッタンやブルックリン、クイーンズなどにおいて、若い人達はより街に出たがっています。都市空間で社会化するという要望が強くなっています。 駐車場でシェイクスピアを演じる若者も出始めたりしています。ニューヨーク市が文化的活動により開放的になっているのです。公園や駐車場で、劇などが演じられるようになっているのです。公園じゃなくて、駐車場というのは斬新です。」(シャロン・ズーキン)


(※Tips: 画面が小さいですか? 再生中に動画の右下隅部分をクリックすると、動画サイズを最大化することができます。)

第3回 新しい公共性 -コミュニティ・ガーデンとブロードウェイのホコ天化

内容:
・1960年代から実験的な都市になっていったニューヨーク
・ゲリラ的に生み出されたコミュニティ・ガーデン
・違法行為からニューヨーク市の重要な資産へ
・自転車道路とコミュニティ|経済と文化、両面での対立
・自動車交通が制限されたブロードウェイ
・ニューヨーク市とニューヨーク州との関係 ・公共空間でのパフォーマンスが圧倒的に増加している


大きな地図で見る

■シャロン・ズーキン教授の解説によるニューヨーク最新都市事情

連載の内容:
第1回 イントロダクション
第2回 新著「ネイキッド・シティ」/「都市のDNA-オーチャード・ストリート」
第3回 「新しい公共性-コミュニティ・ガーデンとブロードウェイのホコ天化」
第4回 ホコ天ブロードウェイを歩く
第5回 「都市のオーセンティシティ|イースト・ビレッジとハイライン」
第6回 ハイラインを歩く
第7回 まとめ|マンハッタンが示す将来の都市の方向性


取材・構成
服部圭郎 明治学院大学経済学部教授

撮影・編集
熊倉次郎 リベラルアーツ総合研究所

制作統括
萩原宏人 公益財団法人ハイライフ研究所

制作・配信
公益財団法人ハイライフ研究所


ご意見・ご感想がございましたら、
お問い合わせページまたはinfo@hilife.or.jpよりお知らせください。
ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。