ハイライフ研究所メールマガジン 創刊号

2008年6月25日配信  発行責任 財団法人ハイライフ研究所 事務局

このメルマガは、財団法人ハイライフ研究所(Research Institute for High-Life)が、ライフスタイルマーケッテイングの研究をしている方へお送りする「情報サプリメント」です。フィールド調査や研究、政府白書、出版物、メディアの話題を、ハイライフ流に味付けしてお届けいたします。気楽にお読みいただき、仕事・研究・生活にお役立てください。

<はじめに>

ちょっと堅苦しいご挨拶ですが、ハイライフ研究所の活動理念について…
ハイライフ研究所はライフスタイル研究所としての機能と責任を果たすために、20世紀の反省の上に立ち、新たな時代認識として「大量生産・大量消費、使い捨て文明からの脱却」「地球環境の再生」「人間性の復活、人間としての幸福の希求」を組織の目標として掲げております。

現在の日本社会において、少子・高齢化社会の進行、経済の低成長時代(成熟化社会)を背景として、個人生活のあり方、地域コミュニティのあり方、社会保障制度等の社会システム、住宅や公共施設等の生活基盤などの面において生活者の視点で研究を行っております。

今後も研究活動とその実践を通し我々のミッションである不特定多数の利益に貢献できるよう努力いたします。


<今号の内容>

1. 伝説のマーケッター立澤芳男の<新・新世代レポート>vol.1「いまどきの大学生」
2. 将来をまたずに将来をつくる サステナビリティを先に進めていくスウェーデンの自治体
3. こんなハイライフあんなハイライフ
4. 「ホスピタリティの研究 持続可能な社会をめざして」
5. 新着イベント・セミナー情報 エコホテル・フォーラム [京都 7/3]


/?cat=70″>/?cat=70


/?p=486″>/?p=486


南靖県田螺坑村

3. こんなハイライフあんなハイライフ

世界の居住「南靖県田螺坑村(なんせいけんたにしこうむら)」
山畑信博(東北芸術工科大学助教授)

世界中から様々なスタイルのハイライフを探します。今回は中国福建省にある「客家」に住む人々の生活を紹介します。世界中から様々なスタイルのハイライフを探します。

詳しくは以下のURLをご覧ください。
http://www.hilife.or.jp/rf_windowsOS/2007/05/post_10.html


ホスピタリティの研究

4. ハイライフ研究所の研究報告書より 
「ホスピタリティの研究 持続可能な社会をめざして」

ホスピタリティの語源に関する考察からはじまり、 「サービスとホスピタリティの違い」など、より本質的な視点から時代のキーワードを捉える試み。PDF形式のドキュメントと、動画でご覧いただけます。

研究体制:
高橋順一 早稲田大学教育学部教授
足立裕子 有限会社文化芸術デザイン
堀美和子 株式会社エス・シー・エス
財団法人ハイライフ研究所

PDF形式の研究報告書は以下のURLよりご覧いただけます。
http://www.hilife.or.jp/pdf/cnt.php?url=200603

動画による報告は以下のURLよりご覧いただけます。

5. 新着イベント・セミナー情報

ハイライフ研究所より、おすすめのイベントやセミナーをご紹介します。

【京都】「エコホテルフォーラム」
~ここまできた!ホテルの環境への取組み~

http://www.k-gpn.org/0a_topics0806.html

日程:2008年7月3日(木) 午後1:30から5:00
開場:(株)村田製作所本社ホール(長岡京市東神足1-10-1 JR長岡京駅前)
主催:京都グリーン購入ネットワーク

こんな方におすすめ!
・環境に取り組もうとしているホテル、旅館の担当者
・エコロジカルな旅をすすめようとしている旅行関係者
・出張の際にエコなホテル選びをすすめようと思っている企業や行政の担当者
・エコツアーや宿泊施設の環境の取り組みに関心のある方


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ハイライフ研究所のメールマガジンHigh-Life DATA FILEに関するご意見・ご感想は、info@hilife.or.jp までどうぞ!


編集/発行 財団法人ハイライフ研究所
〒104-0031 東京都中央区京橋3丁目6番12号正栄ビル5階
FAX: 03-3563-7987
E-mail: info@hilife.or.jp

ご意見・ご感想がございましたら、
お問い合わせページまたはinfo@hilife.or.jpよりお知らせください。
ハイライフ研究所のメールマガジン
公益財団法人ハイライフ研究所のウェブページにアクセスくださりありがとうございます。
ハイライフ研究所では新しい報告書や連載記事、無料セミナーのご案内を毎月2回メールマガジンにて配信しております。ぜひ購読をご検討ください。無料お申し込みはこちらから。